BTSメンバージミンの涙が話題となっている。先日行われたオンラインコンサート『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』で、ファンとの再会の喜びを涙しながら語ったジミン。過去彼が流した3回の涙とその思いに迫る。

今月の10日、11日の2日間に渡って開催されたBTS(防弾少年団)のオンラインコンサート『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』。

見どころ満載な構成と華麗なパフォーマンスで、世界各国99万3千人のファンを沸かし、その人気と存在感を改めてアピールした。

BTSがオンラインコンサートを開催した

オンラインコンサートを開催したBTS(写真提供:©スポーツ韓国)

感動と歓喜の渦に巻き込まれる中で、ファンの心をさらに揺さぶった(?)のは、メンバージミンの涙だったのではないだろうか。

前代未聞の新型コロナウイルス感染拡大により、オフラインステージの中止と延期が相次いだ2020年を振り返りながら流した、一粒の熱い涙だった。

「アンコール公演に集中できなかった」

こう切り出したジミンが次に発した言葉は、何と「悔しかった」。

「新型コロナウイルスの世界的な流行を目の当たりにした。メンバーと楽しく公演をすること、(ファンの)皆さんと呼吸することが一番やりたいことだったのに、何故それができないのかと‥アンコールの時にメンバーが楽しくはしゃいでいる姿を見て、涙が込み上げてきた」と、”悔しかった理由”を説明するシーンが続く。

涙もろい一面を見せたジミンだったが、実は過去にも何度か涙を見せている。

今回は、ジミンが流した”過去の涙”と、その”思い”に迫ってみたい。

初の1位、感激で涙を見せたジミン

2015年『I NEED YOU』で、音楽番組『Mカウントダウン』で初めて1位になった時、感極まったジミンが涙を見せた。彼を見た他のメンバーが、ジミンを慰めている姿をカメラが捉え、多くのファンに感動を与えている。

1位を獲得し涙を見せるジミン

『Mカウントダウン』で1位を獲得し、涙を見せるジミン(画像出典:BANGTANTV YouTube動画キャプチャー)

デビュー3年目で成し遂げた初の快挙は、ジミンにとってその”思い”の大きさが違ったのかもしれない。デビュー当時から、とんでもない”練習の虫”として有名なジミンは、曲ごとのコンセプトに合わせてしぶとくダンスやボーカルの練習を重ねてきた。

2014年2月『Boy In Luv』で出演した音楽番組で初めて1位候補になり、上昇気流に乗ったと思われたBTSだったが、同年8月に発売した1stフルアルバム『Danger』は、無残な結果に終わってしまう。「ファンに忘れられてしまう‥アイドルとしておしまいだ」と不安が頭をよぎるたび、ジミンは練習場に向かった。恐怖に飲み込まれている自身に負けじと汗を流した。そんな彼に、感激の”涙”が許されて当然だ。

(関連動画)音楽番組’Mcountdown’で初めて1位を獲得したBTS

(関連動画)BTSを人気アイドルにした!! ARMYが選ぶターニングポイント名曲「I NEED YOU」

メンバーの名前を呼びながら、涙を流したジミン

2016年、コンサート『花様年華 ON STAGE』で、感想を語りながら涙するジミンの姿がファンの間で話題となった。

涙を見せるジミン

涙を見せたジミン(画像出典:instiz)

「みっともない僕がここまで来られるように、メンバーが助けてくれました。一緒にいながら、感謝の気持ちが芽生え、自分自身を振り返ることができました。メンバーのおかげで、本物の幸せを感じています! 本当にカッコイイメンバーですよ! 本当に!」

その後、メンバーの名前を一人一人呼びながら涙を流し続けるジミン。それぞれ違う環境で育ち、違う考え方を持った7人が、BTSという名前で一つになり、頼もしい仲間が側にいるという実感が沸いた瞬間だった。

米ビルボード1位、涙が止まらなかった

今年9月、米ビルボードのメインチャート『HOT 100』で、新曲『Dynamite』が1位となったBTS。

新曲『Dynamite』がビルボードのメインチャートで1位を獲得したBTS!(画像出典:BTS公式FaceBook)

このニュースは世界に発信され、多くの人を驚かせる。BTSメンバーは、自分たちの感激はもちろんのこと、SNSなどを通じて喜びと感謝を伝えた。中でもジミンは「本当に感謝、感謝しかない。何を語ればいいかわからない。ずっと涙が出る」と率直な心境を語った。そしてファンへの感謝と祝福も忘れなかった。

「皆さんが成し遂げた快挙だ! この快挙の大きさくらい、皆さんも喜ぶことができればと思う」

BTS ジミンのツイート

ジミンのツイート(画像出典:BTS公式Twitter)

彼にとってはいつものことだが、歓喜の瞬間の最後は”ファンへの感謝”で締めるジミン。上述したように、思うようにいかず試練を味わっていた時も、離れることなく応援してくれたファンへの感謝を、ジミンは決して忘れない。

彼にとってこのすべての光景は、当たり前ではない、不慣れなものだ。

ただ純粋に、多くの人の前でダンスと歌が歌いたいという一心で上京。努力を重ねてパン・シヒョクの目にとまり、BTSの一員となった。

デビュー当時、おかしなグループ名だと世間に揶揄されても、不思議とファンは増えた。やがて「BTSのおかげで、自分自身を愛せるようになった」と、感謝の手紙が世界各地から届けられるようになる。そして”世界大衆音楽の最高峰”と言われるアメリカビルボードの頂点に立つと、世界中に存在するファンが自分のことのように、またはそれ以上に喜んでくれる。

不慣れな光景、不思議な出来事にジミンは、ただただ感謝するのみ。

溢れる思いを、すべて言葉に代えることは難しい。感謝の気持ちが語り切れない分だけ、彼は涙もろくなるのだ。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1111)