BTS(防弾少年団)メンバーのジミンが、公式アプリ”Weverse(ウィバース)”を通して「ご心配おかけして本当に申し訳ない」と謝罪し、回復を知らせた。この回復の報告に多くのファンが胸をなで下ろす中、ジンが送ったリプライに対するジミンの”あるコメント”が話題となっている。

2月5日、BTS(防弾少年団)メンバーのジミンが、公式アプリ”Weverse(ウィバース)”を通して回復を知らせた。

ジミンはこの日「皆さんが心配してくださったおかげで早く完治しました! ご心配おかけして本当に申し訳なく、また感謝します」と報告。

Weverseで健康状態を伝えたBTSジミン

Weverseで健康状態を伝えたBTSジミン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

これに先立ち、1月31日にジミンが新型コロナウイルスに感染したことが発表されていた。発表前日に軽い喉の痛みと腹痛を訴え、近隣の救急病院でPCRと精密検査を実施。結果、新型コロナウイルス陽性判定と、急性虫垂炎の診断が下されたため手術を受けたという。

この回復の報告に多くのファンが胸をなで下ろす中、ジンの愉快なリプライに微笑んでいる様子を見せた。

それは「一杯(やる)?」という、いたずらめいたもの。しかしジミンは「一杯は‥(笑)(笑)」と、飲酒ができる状態ではないと暗に断っている。

それでも負けじとジンは「消毒の時間ですよ。アルコールで体内をスパッと拭かないといけません」と猛烈(?)に誘い続けた。すると、この”兄ちゃん”に対してジミンは「お静かに」と、先ほどとは違って強硬な返答だ。

ジミンの思考を察したジンは「ヨンガリ」と、突拍子もない返答を展開させた。

ジミンに愉快なリプライを送ったジン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

この2人のやり取りに、韓国ファンからは「2人ともかわいい」「ソクジン(ジンの本名)兄貴、本当に愉快!」「ジン流の励まし方、プライベートで使えそう!」「ジンが愛される理由がわかる」と、様々な声が寄せられている。

実はこのやりとり、韓国語(ハングル)でしりとりが行われていたのだ。

現地ファンは、このしりとりを面白く眺めていたが、残念ながら海外ファンには”笑いポイント”がちょっとつかみづらいものだった。

まず、ジミン「お静かに」は、ハングルで”조용(チョヨン)”と書く。ジンは、その”용”をもらい”용가리(ヨンガリ)”と返答。

ちなみに”용가리”とは、1960年代に制作された人気怪獣映画『大怪獣ヨンガリ(監督:キム・ギドク)』に登場する、タイトルロール(怪獣)のこと。日本の特殊撮影映画の影響を受けたと知られる同映画は、日本で言うところの『ゴジラ』や『ガメラ』だ。

ジンのユーモアあるしりとりに、韓国ファンは「簡潔で且つ面白くやり取りを終わらせる方法」「”返信不要”をしりとりで伝えるという大人の知恵(笑)」と、笑いと共に絶賛した。


BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2431)






ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs