先日、BTS(防弾少年団)のジミンのアンチに関する記事を掲載したところ日本のネットユーザーから多くの反響が寄せられた。今回は、韓国のアンチの中でも特に悪質な”アクゲ”に関する内容を紹介したいと思う。

韓国をはじめ全世界には多くのアイドルグループが存在するが、その中でも特に世界的に大きな注目を浴びて人気を博しているBTS(防弾少年団)。

認知度が上がれば上がるほどファンが増える一方で、それと同等数のアンチも増え、SNSが発展している現代ではネットで”BTS”やメンバーの名前を検索すると、誰もが彼らに関する良い言葉と同時に、悪い言葉も目にしたことがあるだろう。

アクゲに攻撃されているBTSジミン

BTSジミンを攻撃する”アクゲ”とは(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

先日、Danmeeでは数年前から行われているBTSのジミンのアンチによる悪質な攻撃内容と、アンチに対するファンの行動に関する記事を掲載したところ多くの反響が寄せられた。

(関連記事)アンチを野放しにするな!BTSジミンを狙う巧妙な手口にファンは啞然

中には、該当の記事に関心を持った日本のファンから、追加でBTSのアンチに関する内容を報じて欲しいとの声が寄せられ、彼らのアンチに関連する記事を調べていたところ、Danmeeとコンテンツ提供を締結している韓国メディア・TOPSTAR NEWSで昨年2月に報道された”*アクゲ”に関する興味深い記事が見つかったので紹介したいと思う。

*アクゲ(악개)‥悪質な個人ファン(악성 개인 팬)の略。アイドルグループ内において、1人のメンバーだけを応援することを指す言葉。グループ内の他のメンバーを意図的にけなしたり卑下するファンのことを言う。

TOPSTAR NEWSによると、当時、BTSのあるファンが組織的に活動している”アクゲ”のオープンチャットの内容とともに、「ヘイト(憎悪表現による差別扇動)がヘイトを生み、BTS全体に悪影響を及ぼす恐れがある。BTSの全てのメンバーが、これ以上内部の敵から攻撃を受けることがないよう願う」という文章を公開し、ツイッターで話題を集めたという。

該当のBTSファンは、「”アクゲ”のチャットのメンバーだった知人からキャプチャー画像を渡された。41人で構成されたチャットには、推しの記事や映像を通じて応援する意図とは違い、BTSメンバーに対する持続的なヘイトとコメントテロ、特定のメンバーの称賛に対する抗議や攻撃、メンバー間の不仲などに関する内容が繰り広げられていた」とし「懐疑的な感情を抱いた知人は私にキャプチャーを見せて相談し、悩んだ末に”アクゲ”の実態を暴露することを決心した」と明らかにした。

添付されたチャットのキャプチャー画像には、『Black Swan』の初公開ステージの後、ジミンに対する肯定的な記事がチャットルームに掲載されたが、すぐに該当記事のリンクと記者の個人情報を共有し、ジミンの名前と写真を削除するよう記者の連絡先に団体で抗議を進めた様子などが写し出されていた。

この内容は、当時ツイッターを通じて拡散され、リアルタイムトレンドで1位を記録するほど、多くのBTSのファンたちの間でイシューとなった。

アクゲやアンチに対する対応が注目されているBTSジミン

アクゲやアンチに対してBTSジミン側はどのような対応をしていくのか(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

アンチが多くなることは、それだけ彼らが人気グループであり、また話題性がある証拠だと思うが、これほどまでに”アクゲ”が増加した理由の1つに、アイドルとファンの関係性があると言える。

SNSを通じて”推し”と直接コミュニケーション出来る機会も増え、”最推し”メンバーに愛情を表現すればするほど、相手からリアクションが受け取れる場合もあるなど、ファンとアイドルが一方通行ではなく双方での疎通が可能になった今、一部の人たちの行動が過激になり、グループ全体に対する愛情よりも個人のファン、そして”アクゲ”へと変化していったものと見られる。

しかし、”アクゲ”だけに限らず、メンバーに悪口を浴びせたりデマを流布するなどアンチのような行為は、大衆にBTS全体に対する否定的な認識を持たせる起因となる。

自身の周りにも粘着した”アクゲ”や”アンチ”がいないだろうか‥。応援しているメンバーたちに被害が及ぶ前に、どのような行為が”推し”のためであるか悟ってほしいものだ。




人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース