昨日9日、BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が所属事務所BigHitエンターテインメントと収益配分を巡って対立しているとの報道を行い、世間の注目を集めた韓国JTBCで放送されているニュース番組「ニュースルーム」。当放送内でBigHitの事務所内部の映像が使われていた事に対しBigHit側は報道資料を通じてJTBC側の事務所への無断侵入を主張した。

BigHitエンターテインメントに韓国放送局のJTBCが無断侵入したとの議論が起こっている。

昨日9日午後に放送されたニュース番組「ニュースルーム」にて、“BTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)がBigHitと収益配分を巡って対立している”との報道を行い、世間の驚きを呼んだJTBC。

BigHit内部に無断侵入して撮影した映像を放送で使用したとの議論が行われているJTBC

世間を驚きに包んだJTBC「ニュースルーム」の驚きの報道…(出典:JTBC公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

当報道が行われた際、放送ではBigHitの事務所内部の映像が使用されており、現在韓国ネット上では当映像が問題視されている。

放送終了後の10日午後1時頃、報道資料を配付する事によって公式的な立場を示したBigHit側。
当報道資料の中では、“JTBC側の制作スタッフがBigHitの事務所内部に無断侵入し、映像を撮影していた”との主張が行われた。

BigHit側によると事務所内部には出入証が無ければ出入りが不可能になっているとのこと。
それにもかかわらず、9日の放送内で事務所内部の映像を放送していたJTBC側。

これに対しBigHit側は“撮影記者が事務所内に無断侵入する様子を収めた監視カメラ映像を確保している”ということを明らかにし、JTBC側が無断侵入を行ったとの主張を強めた。

同時に報道資料内では“TV放送では事務所内部の映像を放送したJTBC側が、オンライン記事やYouTubeチャンネル等では問題部分を削除して掲載していた”という点に触れたBigHit側。
実際にJTBC公式YouTubeチャンネルで公開された動画を確認してみると事務所内部が映ってる映像は確認する事が出来なかった。

当件に対し“このような報道に問題があると独自に判断したのではないか”との推測を行ったBigHit側は、“JTBC側がTV放送で使用した映像も確保している”とJTBC側への圧力を強めた。

また「言論の自由が保障されなければならないだけに、マスコミもそれに従った原則に沿って取材を行わなければならない」という立場を示したBigHit側。
上記の事から当社は“JTBCの報道行動に対し別途で問題を提起する計画である”という事を明らかにした。
更に当報道資料が発表された時点でJTBC側から謝罪が行われていなかった様子のBigHit側は「JTBC側の誠意ある謝罪と回答を求める」と報道資料内に記した。

今回のBigHit側が主張したJTBC側の事務所内部への無断侵入の件に対しネット上からは

「JTBCは悪質にも程がある。謝罪して」
「自分たちにとって不利な部分を修正してYouTubeに動画を載せたっていうのも卑怯」
「JTBCには失望した」

というJTBCに対する怒りと失望の声が多く聞かれている。
早急に誠意ある謝罪を行う事が最善であると思われる状況の中、JTBC側が今後どのような行動をとるのかという点に注目が集まる。


YouTubeに掲載された動画では、事務所内部が映ってる映像は確認する事が出来ない(動画出典:JTBC News