日本時間の1月27日にアメリカ ロサンゼルスで開催された’第62回グラミーアワード’。当授賞式にBTSのメンバー達は二度目となる出席を果たすと共に韓国人アーティストとして初めてパフォーマンスを行うという快挙を果たした。そんな彼らの次なる目標は…?

BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)がグラミーの場で目標を語った。

本日27日、アメリカ ロサンゼルスで開催された“第62回グラミーアワード”に出席したBTSのメンバー達。
彼らのグラミーアワードの出席は昨年のプレゼンターとしての出席に引き続き二度目となり、これは韓国の歌手として初の快挙となる。

グラミーの舞台に立ったBTSが語った次なる目標

グラミーに二度目の出席を果たしたBTSのメンバー達!(出典:BTS公式Twitter)

今回はリル・ナズ・Xとのコラボステージを披露するという形でパフォーマンスも披露した彼ら。
韓国人の歌手がグラミーアワードでパフォーマンスを披露するのは彼らが初であり、この日BTSは韓国音楽史にまたもや名を残した。

今回のグラミーアワードに参加した事に対する感想を問われた際に「グラミーの場でパフォーマンスを行う事を期待していなかった」と答えたRM
彼がこのように答えた理由にはグラミーアワードの’受賞候補者でなければパフォーマンスを行えない’という規定にあった。

「共にパフォーマンスを行ったリル・ナズ・Xとグラミーのお陰でグラミーのステージに立てた」と語ったRMからは彼とグラミーに対する大きな感謝と尊敬の念がうかがえた。

また、来る2月20日に発表される“MAP OF SOUL:7”についても言及したBTS。
彼らは新たなアルバムに対し大きな自信を抱いているようで、J-HOPEの口からは「新たなアルバムとそのパフォーマンスに触れた際、BTSを好きでいられた事が一番良かった事だと感じるだろう」というカムバックの期待値を高める言葉が飛び出した。

一方のRMも具体的な事は語れない、としながらも「何を期待してもそれ以上であるだろう」と語り、彼らにとっても新たなアルバムが傑作となっていることを推測させた。

既に多くの期待を集めている新たなアルバムを2020年の目標として掲げたRMの口からは、「2021年のグラミーアワードではノミネートを果たす事が目標」と早くも来年の目標まで語られる事に。
彼のこの言葉からは今回惜しくもグラミーアワードヘのノミネートを逃した事に対する悔しさと同時に、止まることのない向上心が感じられた。

今回、グラミーの場で謙虚さを忘れない一方で自身達の音楽に対する大きな自信を示し、更なる大きな目標を掲げたBTSに対し韓国ネット上からは

「来年グラミーは土下座をしてでもBTSに出演を交渉することになる」
「きっと来年BTSはグラミーで賞をとってるよ!!」
「今回のパフォーマンスは短かったけどきっと来年は単独で2曲は歌っているはず」

等という彼らの目標が叶うことを信じる声が多く聞かれることとなった。
どれだけ高みへ登っても常に前進し続ける事を止めないBTS。
そんな彼らの今後を期待する以外の選択肢が存在しない。


リル・ナズ・Xとのコラボステージを披露したBTS(動画出典:CSTAR)

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1817)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース