1月10日より日本でも上映が開始された韓国の大ヒット映画「パラサイト」。現在Twitterでは当映画の北米配給会社「NEON」が公開した関連グッズのロゴがBTS(防弾少年団)のロゴと良く似ている事で話題となっている。

韓国映画「パラサイト」の北米配給会社のBTS(防弾少年団/ハングル 방탄소년단)へのファン心が話題だ。

韓国で大ヒットを記録した映画「パラサイト」。
日本でも今年1月10日から上映が開始されており、現在ヒットの兆しを見せている。

「パラサイト」のグッズのロゴがBTSのロゴとソックリで話題に

日本でもヒットの兆しを見せている韓国の映画「パラサイト」(出典:映画「パラサイト 半地下の家族」公式Twitter)

“パラサイト”は、ゴールデングローブ外国語映画賞やパルムドール賞を受賞したことから海外でも注目を浴びており、世界各地で上映され現地で大きな盛り上がりを見せている。
同映画の北米配給会社「NEON」は過ぎた21日、公式Twitterを通じて映画関連グッズを公開した。

ポン・ジュンホ監督のフィルモグラフィーやサインがなどプリントされたTシャツは、映画ファンのみならずBTSのファン達の注目も集めることに。
その理由は、TシャツにプリントされたロゴのデザインがBTSのロゴと非常に良く似ていることにあった。

「パラサイト」のグッズのロゴがBTSのロゴとソックリで話題に

BTSのロゴを彷彿とさせるポン・ジュンホ監督のTシャツ(出典:NEON公式Twitter)

また「NEON」側は該当商品を紹介する際、「While you werw out clubbing we made some shirts.(あなたたちがクラブで遊んでいる間にこのシャツを作りました)」とBTSの楽曲「DOPE」の歌詞を引用してツイート。
上記の点からも該当TシャツがBTSからインスピレーションを受けて作成されたという事が推測される。

“パラサイト”に出演している俳優 チェ・ウシクと交流のあるBTSのメンバー V(ハングル 뷔)に触れる等、以前より数回に渡って公式Twitter上でBTSについて言及している「NEON」側。
ポン・ジュンホ監督自身もゴールデングローブ授賞式でインタービューを受けた際、BTSについて言及したことで注目を浴びたことが記憶に新しい。

度々BTSが“パラサイト”と関連して報道されることに対し、ある韓国メディアからは“BTSの人気で「パラサイト」を再度全世界に宣伝しようとしているのではないか”との見解も上がっている。

尚、今回話題となったポン・ジュンホ監督の名前がプリントされたTシャツの正式販売は行われず、抽選でプレゼントされるとのこと。
「NEON」公式Twitterは“当アカウントをフォローする事により抽選に参加する事ができ、当選者にはメッセージが送られる”と抽選への参加方法を告知した。

今回話題となったTシャツを求めるポン・ジュンホ監督のファン、BTSのファンは多く存在するようで、「NEON」公式TwitterにはTシャツを求めるリプライが殺到している。

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(990)