BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が「Love Yourself」ツアーで使用していたメンバーのサイン入りマイクが慈善競売に出されると報じられた。アメリカで競売に出されるというBTSのマイクに一部のネットユーザーたちは「BTSを心から愛している人に落札してもらいたい」というような声をあげている。

グローバル アイドル グループ BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が「Love Yourself Tour(ラブ・ユアセルフ ツアー)」の当時に使用していたマイクが、アメリカの慈善競売に出されるようで話題になっている。

12月27日(アメリカ現地時間)ロイター通信は、「2019年世界を征服して3つのベストセラーアルバムをリリースしたK-POPグループBTSの物品が競売に出される」と明らかにした。

アメリカの競売業者Juliens Auctions(ジュリアンズ オークション)は「BTSが2017年から今年まで「Love Yourself Tour」で使用していたマイク7つを、1月のグラミー授賞式週間に競売に出品する」とし「BTSの物品が競売に出るのは史上初だ」と強調。

それと共に、BTSのメンバーの自筆サインが書かれたこのマイクセットの競売は約5000ドル(約50万円)から始まるが、約1万~2万ドル(約100万円~約200万円)で落札されると予想している。

競売に出されるBTSのマイク

競売に出されるBTSのマイク(画像出典:Juliens Auctions Twitter)

特にJuliens Auctionsの関係者は「各メンバーたちがサインした物品は収集価値が非常に高く、今後その価値が持続的に上昇するだろう」とBTSを高く評価している。

今回の競売は、グラミー授賞式の主管機関であるレコーディング・アカデミー(The Recording Academy)の慈善組織のために、基金を用意するための目的で企画された。

競売は、グラミー授賞式が開かれる2日前の1月24日にオンラインにて行われ、有名歌手であるテイラー・スウィフト、ハリー・スタイルズ、デイヴ・グロールなどのサイン入りの物品も共に出品されるという。

この報道を耳にした一部の韓国のネットユーザーたちは「歴史的なマイク。あのマイクを落札してまたBTSに返したい」「メンバー達にとってとても大事なマイク。本当にBTSを心から愛している人が落札してくれたらいいな」「メンバーたちが手にしたマイクでしょう?本当に欲しいです」などの反応を寄せている。

一方、各種年末の音楽イベントに参加して、韓国内で忙しいスケジュールを消化してしているBTS。

31日(現地時間)には、アメリカ・ニューヨーク タイムズ スクエアで行われるアメリカABC新年前夜特集プログラム「DICK CLARK’S NEW YEAR’S ROCKIN’ EVE WITH RYAN SEACREST2020」の生放送ステージに上がる予定であり、世界的にK-POPの価値を高めて圧倒しているBTSが、どのような姿でファンたちの前で活躍を遂げるのか期待が高まっている。

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1042)