先月浮上したBTS(防弾少年団)のメンバー、ジョングクの熱愛疑惑。所属事務所や熱愛が噂された女性により当疑惑は否定されたものの、その後も当疑惑は人々の記憶に残り続けていた。そのような状況のなか、女性が働くタトゥーショップのSNSには疑惑にかんする内容の投稿が行われ…。

ジョングク(ハングル 정국)との熱愛説の浮上で注目を浴びた女性が働くタトゥーショップが警告を行った。

先月、CCTVの流出により浮上したBTS(防弾少年団/ハングル 방탄소년단)のメンバー、ジョングクの熱愛説。
当疑惑は所属事務所、また熱愛の相手と噂された女性により否定されたが、その後も当疑惑多くの人々の記憶に残り続けていた。

ジョングクとの熱愛説が浮上した女性が勤めるタトゥーショップ側SNSを更新

デマといわれたものの多くの人の記憶に残り続けているジョングクの熱愛疑惑…(出典:BTS公式Twitter)

そのような中、ジョングクとの熱愛説が浮上した女性が働くタトゥーショップは、疑惑浮上から一ヶ月以上の日数が経過した最近、SNSに当疑惑に関する投稿を行った。

当投稿の中で“疑惑浮上以降ずっと悪質コメントに悩まされている”と言う事を明かしたタトゥーショップ側はその苦しみと怒りを綴った。

また、投稿の中ではジョングクの所属事務所であるBigHitエンターテイメントに対し、対処と助言を求めるために連絡を行ったということも明かされることに。
これに対し当初BigHit側は「時間が経てば解決するため絶対に口を閉ざしてくれ」と語ったものの、最終的には「ジョングクの休暇中に起きたことであるため全面的に責任が無い」と語ったというBigHit側。
結局、疑惑浮上から1ヶ月以上が経過した今ではタトゥーショップ側が受ける被害は収束を見せるどころか更に大きくなっているようだ。

タトゥーショップ曰く、彼らに被害を与えている人物のほとんどはBTSのファンを装った悪質なネットユーザー達で、彼らは今後該当人物達に対し、全ての責任をとって貰える様に行動していくとのこと。

今回のタトゥーショップ側の告白と警告に対し韓国ネット上からは

「BigHit側がデマを流した人達に適切な対処を行っていたらこんな事にはならなかったんじゃないの?」
「BigHitは所属アーティストの保護もしないで何をやってるの?」
「ドラマもゲームも作らなくて良いからアーティスト達の管理をする仕事をして」

等というBigHitに対する批判の声が聞かれることとなった。

しかしその一方では今回タトゥーショップ側が行った“ジョングクの写真や映像はショップ関係者が流出させたものではない”などといった主張に対し、

「タトゥーショップで撮られたジョングクの写真は関係者でなければ一体誰が流出させたの?」

等という違和感を唱える声や、

「ところでジョングクは髪を切っただけで完璧に口を閉ざすの?いつもはしているV LIVEで説明も何もしない姿に失望してしまった」

という、一連の騒動に対し口を閉ざし続けているジョングクに失望したというファンも一部で見られる事となった。

今回の投稿の中で、改めてジョングクの熱愛説は嘘であると主張したタトゥーショップ側。
同時に彼らは“ファン達が気になっている事は時間が経てばBigHit、ジョングクにより自然に明かされる”とも語り、関心が集めた。

ファン達にとって何かの予告とも捉えられる“自然に明かされるファン達が気になっている事”はタトゥーショップ側よりもBigHit側から聞きたかったことなのではないか、ということが推測される。