9月12日に誕生日を迎えたBTS(防弾少年団)のリーダー、RM(アールエム)。韓国メディアは彼が自身の誕生日を記念して、聴覚に障害がある学生達のために1億ウォン(日本円にして約1000万円)を寄付していた、ということを報じた。当ニュースに対し韓国ネット上からはRMへの尊敬と称賛の声が多く聞かれることに。

BTS(防弾少年団/ハングル 방탄소년단)のリーダー、RM(アールエム/ハングル알엠)が行った善行に関心が集まっている。

本日20日、韓国メディアはRMが聴覚に障害がある学生達のために寄付を行ったというニュースを報じた。

彼が寄付を行ったのは서울삼성학교(ソウルサムソン学校)というおよそ120人の生徒達が通う聴覚障害者特殊学校。
学校側によると当寄付が行われたのは過ぎた16日であるとのことで、RMは4日前に迎えた自身の誕生日を記念して今回の寄付を行ったそうだ。

BTS RM 寄付

聴覚障害者特殊学校に寄付を行った事で注目を集めているBTSのリーダー RM(出典:BTS公式Facebook)

「聞くという事が困難である生徒達が様々な方法で音楽を楽しむ事ができたら」という意向で1億ウォン(日本円にして約1000万円)を当学校に寄付したというRM。
このような彼の行動からは、彼が心から音楽を愛しており、そしてその音楽を大勢の人に届けたい、という思いが伺える。

今回のRMの寄付活動を受け、韓国ネット上からは

「本当にすごい。RMに心からの拍手を送りたい」
「ナムジュン(RMの本名)の“聞くことが困難な生徒が一緒に音楽を楽しめたら良い”という考えが素敵で誇らしい(涙)」
「個人的には彼は大統領候補に相応しい人物だと思う」
「BTSを真似しようという人が多い中でなかなか真似することが出来ないのはこういうところだと思う」
「まだ若いにもかかわらずお金と名誉を手にするだけでなく、誰かにこのように感動を与えられるRMが正直羨ましい」

等というRMヘの称賛の声や尊敬の声が非常に多く聞かれる事となった。

BTSのファンではない人達からも多くの称賛の声が送られたRM。
中には「うちの息子がこんな風に育ってくれたら…」という望みを口にする人の姿も見られた。

高い音楽の実力や頭の良さ、そして何よりもその人柄で世代や性別、国籍を問わず多くの好感を集めるRM。
今後も彼の活動や、彼が作り出す音楽には多くの期待と関心が寄せられるであろう。