BTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンを自分のスマホ待ち受け画面に設定し、10kgのダイエットに成功したという韓国の男性アナウンサーの話が、世のダイエッターたちを中心に関心を集めている。

韓国の朝の顔、パク・チャンミンアナウンサーが10kgのダイエットに成功したダイエット方法が、ネット上で関心を集めている。

その方法とは、ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバー、ジミンの写真をスマートフォンの待ち受け画面に設定したというものだ。

パク・チャンミンアナウンサーはジミンを待ち受けにして10kgのダイエットに成功したという

BTSのメンバージミンを待ち受けにして10kgのダイエットに成功したというパク・チャンミンアナウンサー(画像出典:SBS『良い朝』映像キャプチャー)

この驚くべきダイエット方法を披露したパク・チャンミンアナウンサーは、ここ数年、ジミンのファンであることを公言してきた男性アナウンサーだ。

2019年には、あるインターネットラジオの放送で、2018年に行われた『Melon Music Awards』に関して「ジミンが扇子を使用したダンスを授賞式場で見たが、本当にジミンだけが見えた」と絶賛。

釜山芸術高校時代、現代舞踊を専攻していたジミン特有のダンスの実力についても「ダンスが本当に素敵で、専門的にも学んでいるので、別格だ」と誉めちぎっていたこともある。

ジミンのファンであることを公言してきたパク・チャミンアナウンサー

パク・チャミンアナウンサーはジミンのファンであることを公言してきた(画像出典:BTS 公式Instagram)

今月9日に放送されたSBS朝の情報番組『良い朝』では、「ダイエットに成功する奇跡の習慣」として「意志が弱まった時、スマートフォンの待ち受け画面を変えると助けになる」という1つの例が紹介された。

ここでパク・チャンミンアナウンサーは、「ダイエット中、僕の待ち受け画面はほぼ1年間BTSのジミンだった」と告白し、さらにその後、10kgの減量に成功したことを明らかにし、視聴者からは驚きの声があがった。

またこの日、『良い朝』に出演していた漢方専門医のチェ・インソ氏は、「ダイエットをすると、意志が弱くなる。意志が弱くなったとき、スマートフォンの待ち受け画面を変えることは、(ダイエット持続の)役に立つ」と語り、例えば自分が好きな人や、自分が痩せていた時代の写真などを待ち受け画面にすることが、ダイエット方法として効果を得られるという見解を示した。

続けて、こういったダイエットの秘訣について「視覚的な効果があるからだ。ロールモデルの写真を見ると、ダイエットに関して絶えず刺激を受けるので、目標に対しもう少し楽に達成できる」と伝えた。

ただ、パク・チャンミンアナウンサーがジミンをロールモデルにしている理由は、ジミンの完ぺきなビジュアルだけを目標にしたわけではなく、ジミンが普段からストイックに自分を追い込んでいくという強いメンタルも見習いたかったのではないだろうか。

ジミンの音楽やダンスに対するストイックさはもちろん、ジミンも過去、ダイエットに関して「10日のうちに1日しか食事をとらない」という過酷なダイエット方法に挑戦したと明かしたことがある。

また、この過酷なダイエットに挑戦したジミンは「痩せていく自分の姿を見て、もっと痩せたいと思うようになっていった」と語っているため、やはり気持ちの面でのダイエットの視覚的効果は、信ぴょう性もそれなりに高いと言えよう。

(関連記事)【BTS秘話】食事は10日に1日だけ!? BTS ジミンとジンが過去に行った究極のダイエットとは?

このようなジミンのストイックな性格に、好感を抱く男性ファンも少なくないようだ。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1679)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース