12月6日、BTS(防弾少年団)のメンバーが、個人のインスタグラムを開設し、初めての投稿をした。各メンバーは、”個人アカウント”を通してファンとのコミュニケーションに力を入れるものと見られている。そんな中、メンバーが用意した簡潔で分かりやすいIDに、ある疑問が投げられた。

デビューから8年、もはや世界の音楽シーンを震わせる大スターとなったBTS(防弾少年団)。

世界的人気を誇るBTS

世界的人気を誇るBTS。(画像出典:BTS公式Facebook)

彼らが12月6日、初めて個人インスタグラムのアカウントを開設し、歴史的な”初投稿”を行った。

インスタグラムを通して”個性”を出しはじめた各メンバーは、今後”個人アカウント”を通してファンとのコミュニケーションに力を入れるものと見られている。

確認をしてみたところ、各アカウントには、青色のチェックマーク(インスタグラム認証バッジ)が付いている。

BTSメンバーはそれぞれ、ファンが覚えやすいIDを用意した。

IDを見てみると、

  • RM:rkive
  • ジン:jin
  • SUGA:agustd
  • J-HOPE:uarmyhope
  • ジミン:j.m
  • V:thv
  • ジョングク:abcdefghi__lmnopqrstuvwxyz

と、彼らのアイデンティティーを明確に示している。

(関連記事)BTS ジョングク「クソ長いけど天才!」平凡を知らない男のインスタID

現在各アカウントは、爆発的にフォロワーが増えており、韓国メディアによると、アカウントを開設した同日の夜23時頃には、全メンバーがフォロワー数1000万人を超えたという。

メンバー個人の公式インスタグラムを開設したBTS

メンバー個人のインスタグラムを開設したBTS。(画像出典:RM、ジン、SUGA、J-HOPE、ジミン、V、ジョングク公式Instagram)

メンバーのIDや、初投稿の内容、フォロワー数の増加などの話題が、韓国ネットを埋め尽くしている中、一部のファンがある疑問を呈した。

その疑問とは、「そのID、どうやって入手したの?」。

特にジンの場合、”jin”という3文字の簡潔なIDであるが、”JIN”という名前は韓国だけでなく世界的に使われている名前であるため、”空いていたはずのないID”である。

また、ジンを応援するファンが多いため、応援用のアカウントIDとして使われていた可能性も非常に高い。

にもかかわらず、BTS側はいとも簡単(?)に、”jin”を入手したのである。

ジンだけでなく、ジミンやVのIDも、入手困難であることに変わりはない。

この疑問が提起された韓国ネットでは、「買ったんでしょう」「いくらで売ったのかな‥」「取引をあっ旋するサービスもあるよ」「ハリウッドスターや、有名サッカー選手の名前もよく取り引きされるみたい」などと、IDを購入したとの意見が多く上がっている。

その一方、有名人の名前(もしくは連想させるニックネームなど)や、文字数の少ない簡潔なIDは、一般ユーザーが取得できないように、インスタグラム側が制限を設けていると主張する者も。その根拠として、一部のハリウッドスターが、アカウントを開設した際に、インスタグラム側からIDをプレゼントされた事が挙げられている。

さらに、「いくらで取り引きされたか不明だが、有望な財テクになるかも‥」「いくつか、それらしきIDを作っておこう! いつか高値で売れるかも」と、投資話(?)に話題を持っていくネットユーザーもいるようだ。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2063)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs