バンタンの愛称で親しまれているグローバルアイドルグループBTS(防弾少年団)が全世界の公演・イベントチケットパワー2位にランクインした。

BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が、最新の全世界の公演・イベントチケットパワーランキングで2位に浮上した。

BTS 防弾少年団 バンタン

世界的人気を誇るBTS(防弾少年団)(画像出典:BTS official Twitter)

アメリカのスポーツ・公演エンターテインメント専門のグローバルの諮問および投資・開発企業 オークビューグループ(Oak View Group、OVG)が運営するコンサート産業専門メディアのポールスター(Pollstar)の「ライブ75」最新ランキング(5日付)で、BTSが2位にランクインした。

ポールスター「ライブ75」は直近の30日間、全世界で行われた公演の一回当たりの平均チケット販売量を基準に1位から75位まで集計したチャートだ。

ポールスターは「BTSが日本での4回の公演、つまりこの7月6、7日の大阪ヤンマー(Yanmar)スタジアム長居での2回(10万1554人)公演と13、14日の静岡スタジアム(Ecopa)での2回の(10万7153人)公演などで、平均5万2176枚のチケットを販売して、508万4487ドル(約5億3000万円)の収益を上げた」と明らかにした。

BTS 防弾少年団 ポールスター

全世界の公演・イベントチケットパワー2位にランクインしたBTS(防弾少年団)! (写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:ポールスター(Pollstar))

BTSは去る7月1日付のポールスター「ライブ75」チャートでは1位に上がったことがある。

今回の5日付の公演チケットの販売量1位は英国のポップスターのエド・シーラン(Ed Sheeran)が占めた。
エド・シーランは11回の公演で一回当たり平均5万8739枚のチケットを販売して、490万7414ドル(約5億1900万)の収益を上げた。

3位は4回公演で一回当たり平均1万6777枚のチケットを販売して、1066万8624ドル(約129億7300万)の収益を上げたローリング・ストーンズが占めた。

‘ポールスター’集計からも分かるように、一回当たり平均90%台のチケット販売率を見せているエド・シーランとは違って、BTSはローリング・ストーンズとともに公演ごとに100%のチケット完販神話や最高のチケット収益を上げているという点で、すでにワールドチケットパワートップクラスと言っても過言ではない。

한국미디어네트워크 提供
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2400)


編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs