2月21日にカムバックを予定しているBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)。カムバックに先駆けて1月10日、’MAP OF THE SOUL:7’のカムバックトレーラー’Shadow’が公開され多くの注目を集めている。当曲の主人公となったSUGAと共に映し出された過去のBTSの楽曲のタイトルとは?

BTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)のカムバックトレーラーが公開された。

来る2月21日に4枚目の正規アルバム’MAP OF THE SOUL:7’でカムバックを果たす事が予定されている世界中から爆発的な人気を集めるBTS。
本日10日、BTSの公式SNSチャンネルからは当アルバムのカムバックトレーラー’Shadow’が公開され、現在当動画には大きな関心が集まっている。

当カムバックトレーラの主人公となったのはSUGA(シュガ / ハングル 슈가)。

BTSのカムバックトレーラー“Shadow”が公開

今回のカムバックトレーラーの主人公はSUGA!(出典:BigHitLabels公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

彼は当曲の中で自身の名前とは反対にビターな声で曲を紡いだ。
その歌詞はBTSのメンバーとして成功した反面で彼が感じた葛藤や苦痛といった、表には出ることのなかったまさに影の部分を現わしたものとなっていた。

映像もまた、高みに上り詰めたSUGAを引きずり下ろそうと多くの手が伸ばされる描写などといった、ステージの上で輝く彼を見ているだけでは分からない苦悩などが表現されているシーンが多く見られた。

BTSのカムバックトレーラー'Shadow'が公開

印象的なシーンが多く盛り込まれたカムバックトレーラー’Shadow'(出典:BigHitLabels公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

ストレートに闇の部分を歌い表現しているにもかかわらず、悲壮感よりも他の追随を許さない威圧感に似た強さが不思議と大きく感じられた’Shadow’。

また、当曲中のビート音の中には彼らが2013年に発表した初のミニアルバム’O!RUL8,2?’に収録されていた’INTRO:O!RUL8,2?’の中でも聞かれたビート音を彷彿とさせるものが使用されていた。
更に、カムバックトレーラーの映像中では当ミニアルバムのタイトルが表示されるといったシーンも何度か見られることに。

BTSのカムバックトレーラー“Shadow”が公開

今回カムバックトレーラーの中で見られた“O!RUL8,2?”の文字(出典:BigHitLabels公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

昨年4月に’MAP OF THE SOUL:PERSONA’のカムバックトレーラーとして公開されたRM(アールエム / ハングル알엠)のソロ曲’Persona’が2014年に発表されたBTSのミニアルバムのイントロ’Skool Luv Affair’をサンプリングして作成されたという点からも、今回の’Shadow’と’INTRO:O!RUL8,2?’の関連性にもまた注目が集まる。

今回、公開されたカムバックトレーラー’Shadow’を見た人々からは

「今回の曲も本当にすごくすごく良い(涙)」
「前の曲のビートを使っていたところも歌詞もSUGA本人も最高!!」
「心が痛む歌詞だったけどこういう歌詞を書いてくれたSUGAに感謝…」
「鳥肌が立つほど格好よかった…今回のアルバムもヒットしそうだね」
「流石という言葉しか出ない…良い音楽をつくってくれてありがとうSUGA」

等という称賛の言葉が相次いだ。

遂に本格的にカムバックの雰囲気を放ち始めたBTS。
今後発表されるであろう新たなカムバックの詳細に期待が高まる。


BTS カムバックトレーラー’Shadow’(動画出典:Big Hit Labels