自身のSNSにて歌手の実名挙げながら「音源買い占め疑惑」を提起したBlock B(ブロックビー)のメンバー、パクキョン。当件を受け、彼に実名を挙げられた歌手達が続々と法的対応を予告している中、韓国ネット上からはパクキョンを支持する声が相次いでいる。

「音源買い占め疑惑」を提起したパクキョンに名前を挙げられた歌手達が行動を起こしている。

自身のSNSを通じて数名の歌手の実名を挙げながら「音源買い占め疑惑」を提起したBlock B(ブロックビー)のメンバー、パクキョン(ハングル 박경)。
今当件に対し、今回名前を挙げられた歌手の一人であるソン・ハイェ(ハングル 송하예)側が反応を見せた。

買い占め疑惑を提起したパクキョンに法的対処予告続出

今回、実名狙撃を受けた歌手の一人であるソン・ハイェ(出典:ソン・ハイェ公式INSTAGRAM)

本日11月25日に発表した公式立場の中で「ソン・ハイェに関連した音源チャート買い占め疑惑は事実無根である」と疑惑を否定した彼女の所属事務所。
続けて、所属事務所側は“虚偽事実の流布、名誉毀損についてパクキョンに対し法的手続きに従って強硬対応を行う”という予告を行った。

SNSを通じて歌手の実名を上げ「音源買い占め疑惑」を提起したパクキョン

SNSを通じて歌手の実名を上げ「音源買い占め疑惑」を提起したパクキョン(画像出典:パクキョンInstagram)

事務所側曰く、今回実名狙撃を受けたソン・ハイェはネット上で行われている議論により精神的苦痛を受けているとのこと。
事実無根な発言で所属アーティストの名誉が毀損された事実という当事実に対し、深い遺憾の意を表わした彼女の所属事務所側。
「この後も虚偽事実の流布、悪意的な誹謗によって法的対応の対象となる場合は善処と合意のない法的措置を取る予定だ」と強調した事務所側からは強い怒りがうかがえる。

今回、ソン・ハイェの所属事務所がパクキョンに対する法的対応を予告するに先立って、同じく実名狙撃を受けたグループVibe(バイブ)、歌手イム・ジェヒョンも彼に対する法的対応に乗り出すことを予告していた模様。
また、彼女に続いてファン・インウク側も買い占め疑惑を否定すると共に法的対応を行うことを発表した。

実名狙撃を受けた歌手達が続々とパクキョンに法的対応を予告している状況の中韓国ネット上からは

「強硬に対応してチャートの事実を明らかにして欲しいな。名前を聞いたこともない歌手がチャート上位にいるのは前から疑問だった」
「パクキョン頑張れ、パクキョンのことを信じたい」
「PRODUCEシリーズも捜査をしたことだしこれを機にアルバムチャートも捜査してみよう」
「パクキョンの弁護士費用を募金したい」
「事実関係をしっかり把握して法廷に行こう」

という以前よりチャートに違和感を抱いていた人々がパクキョンを信じ、応援する声が非常に多く聞かれる事となった。

多数の歌手から法的対応を予告されているという状況で世間からの圧倒的な支持を集めているパクキョン。
彼が提起した「音源買い占め疑惑」が今後どのような展開を見せるのか、という点に注目が集まる。

[su_spacer size”30″]


この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs