アイドルグループiKON(アイコン)前メンバー B.I(本名 キム・ハンビン)が麻薬疑惑の一部を認め、取材陣とファンに向けて「物議を醸してしまい、申し訳ない..」と謝罪した。これと同時に過去にB.Iの捜査をもみ消した疑惑に関して、ヤン・ヒョンソク前YGエンターテインメント代表も調査する方針だと知らされた。

K-POPボーイズグループiKON(アイコン)の前メンバー B.I(本名 キム・ハンビン)が麻薬疑惑の一部を認めた。

ikon アイコン BI ハンビン

麻薬疑惑の一部を認めたB.I(キム・ハンビン)(写真提供:©スポーツ韓国)

過去に大麻草の購入および吸引疑惑が持たれているB.Iは、9月17日午前9時、京畿(キョンギ)南部地方警察庁広域捜査隊に参考人として出席し、14時間を越える調査を受けた。

警察はB.Iに対して、2016年に知人のAさんに大麻草を購入して欲しいと要求したことがあるのか、また大麻草を吸引した事実があるのかなどを追及。

この過程でB.Iは、大麻草を渡されて吸引したという部分は認めたが、吸引した大麻草の量・回数・時期などはAさんの陳述と違いが生じていることが分かった。

一部の疑惑を認めたB.Iに対して警察は、彼の身分を参考人から被疑者に切り替えて調査を継続した。

調査が終ったあと、B.Iは取材陣に「物議を醸してしまい、本当に申し訳ございません」と語り、ファンたちに向けて「失望させてしまい本当に申し訳ございません」と言い残し、車両に乗って警察庁を後にした。

警察は近いうちにB.Iを再び召喚し、追加の調査を継続する方針であり、B.Iに対する調査を終え次第ヤン・ヒョンソク前YGエンターテインメント代表も調査する計画だと知らされた。

今回、B.Iの大麻草購入および吸引疑惑は、2016年8月22日に大麻草を吸引した疑惑で龍仁(ヨンイン)東部警察署に緊急逮捕されたAさんが、大麻草の購入と関連したB.Iとのカカオトークの内容を警察に提出したことで浮上。

当時AさんはB.Iに大麻草を渡した事実を認めたが、その後「大麻草を使用した状態でに捕まり、意識が朦朧としていた中でそう述べた」とし、B.Iに大麻草を渡したというを供述を裏返した。

Aさんの供述が変わったことについて、B.Iの所属事務所であるYG側から丸め込まれたのではないかという疑惑が提起され、B.Iに対する捜査をもみ消したとされる疑惑がヤン・ヒョンソク前代表にまで向けられた。

B.IとAさんを取り囲んだ今回の薬物関連疑惑が水面に浮び上がり、ヤン・ヒョンソク前代表が再び警察署に足を運ぶことになるのか世間の注目が集められている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。