BIGBANG(ビックバン)の元メンバーV.I(本名 イ・スンヒョン 이승현)が、歌手チョン・ジュニョン(정준영)に続き、盗撮動画を流布した事実が追加で確認され、追加立件されたことがわかった。

BIGBANG(ビックバン)の元メンバーV.I(スンリ 本名 イ・スンヒョン 이승현)が、盗撮動画を流布した事実が追加で確認された。

盗撮動画を流布した疑いで、追加立件された元BIGBANG スンリ

盗撮動画を流布した疑いで、追加立件された元BIGBANG スンリ(画像出典:スンリInstagram)

ソウル地方警察庁は28日「盗撮動画を流布した疑いで、V.Iを追加立件した」と明らかにした。

警察はV.Iがチョン・ジュニョンらとともに所属していたカカオトークチャットルームに、1回写真をアップしたことを確認し、それにより彼を性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反の疑いで立件した。

これとともに警察は、クラブバーニングサンの運営とかかわって、V.Iが引き合いとなった不法行為があるかも、調査中だという。

先立ってV.Iは、自身が運営していたバーニングサンで暴行事件が起こりながら、論難の中心となった。この過程で、2015年末にV.Iと歌手C、V.Iが設立準備中だった投資会社ユリホールディングスのユ代表らがやり取りしたメッセンジャーの会話内容を通じて、V.Iが投資家たちに性接待をあっせんしようとした疑惑が申し立てられた。結局ソウル地方警察庁広域捜査隊は、性売買あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反の疑いで、V.Iを立件した。

これらの疑惑に包まれたV.Iは、BIGBANGを脱退、芸能界引退を選んだ。彼は11日に自身のSNSを通じて「この時点で芸能界を引退した方がよさそうだ。社会的物議をかもした事案があまりにも大きく、芸能界引退を決心した」とし「捜査中の事案においては誠実に調査を受け、疑惑を明らかにするようにする」と明かしていた。

自身のSNSに長文のメッセージを掲載したV.I

自身のSNSに長文のメッセージを掲載したV.I(画像出典:スンリInstagram)

一方、V.Iが所属していたYGエンターテインメントは27日、グッズ販売サイトYGセレクトを通じて販売しているBIGBANGのグッズで元メンバーのV.Iと関連した商品をなくし、彼の顔にモザイク処理を施すなどの対応をした。

V.Iの顔の部分にモザイク処理が施されている

V.Iの顔の部分にモザイク処理が施されている(画像出典:YGセレクト)

V.Iの顔の部分にモザイク処理が施されている

V.Iの顔の部分にモザイク処理が施されている(画像出典:YGセレクト)

先立ってYGエンターテインメント側は、V.Iの引退後も関連グッズを堂々と販売し、世論から袋叩きに遭っていた。これにより、V.I関連グッズの取り扱いを取りやめ、彼の姿にモザイク処理を施して、V.Iの痕跡を感じさせないようにしている。


盗撮動画を流布した疑いで追加立件されたV.Iについて報じた現地ニュース(動画出典:JTBC News)
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加