BIGBANG(ビックバン)のV.I(スンリ)が、3月14日午後警察庁に出頭した。

麻薬流通と海外投資家への性接待疑惑で世間を騒がせているグループBIGBANG(ビックバン)の前メンバーV.I(スンリ /イ・スンヒョン)が14日午後、ソウル・鍾路区(チョンノグ)ソウル地方警察庁に出頭した。

麻薬流通と海外投資家への性接待の捜査の為,警察庁に出頭したBIGBANG V.I(スンリ)

麻薬流通と海外投資家への性接待の捜査の為,警察庁に出頭したBIGBANG V.I(スンリ)(写真提供:スポーツ韓国)

麻薬流通と海外投資家への性接待の捜査の為,警察庁に出頭したBIGBANG V.I(スンリ)

麻薬流通と海外投資家への性接待の捜査の為,警察庁に出頭したBIGBANG V.I(スンリ)(写真提供:スポーツ韓国)

警察は10日、売春斡旋(あっせん)などの行為の処罰に関する法律違反疑惑でV.Iを立件し、外国人投資家への性接待で江南(カンナム)のあるクラブに席を用意して欲しいと指示するカカオトークの内容が、ある言論を通じて公開され捜査対象に上がった。

性接待疑惑の発端は、2015年末に投資会社の設立を準備中だったV.Iと同社の代表、従業員が「カカオトーク」で交わした内容をインターネットメディアが報じたことだった。

グループトークでV.Iは外国人投資家をもてなす場をソウル市内のクラブに設けるよう指示し、ネットメディアはこれを投資家への性接待と指摘した。

警察はV.Iへの取り調べで「外国人投資家を接待する席が設けられたか」「その場に女性が同席したか」「性接待があったとすれば、その費用をV.Iが直接支払ったか」などを問いただす方針だ。

一方V.Iは、調査過程の段階でBIGBANG脱退とともに芸能界引退を発表した。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]