BIGBANG(ビッグバン)のD-LITE(本名 カン・テソン)が所有する、ソウル・江南(カンナム)の建物で違法な風俗店の運営が成されていたと報じられた。

BIGBANGのV.I(スンリ)のバーニングサン事件、ヤン・ヒョンソク前代表の性接待疑惑に続きD-LITE(本名 カン・テソン)まで..

YGエンターテインメントが「性」関連の不法疑惑により、限りない論議が続いている。

25日午後、BIGBANGのメンバーD-LITEが所有している建物で、違法な遊興酒店(キャバクラなどの風俗店)が運営され、売春斡旋(あっせん)の疑いがあると報じられた。

bigbang BB ビッグバン テソン

BIGBANGのD-LITEが所有する建物で何が..(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:YGエンターテインメント)

チャネルAの「ニュースA」では「D-LITEが2017年に購入したソウル・江南(カンナム)のある建物で、違法な遊興酒店の運営と、該当業者で売春斡旋などが成されている状況を捕らえた」と報道。

「ニュースA」の報道によると、D-LITEが所有する建築物台帳では該当の建物の5階から8階までは食堂や写真館が入っていることになっているが、調査報道チームが確認した結果、風俗店が不法に運営されていたという。

食堂として登録されている3階はエレベーターのボタンが作動せず、写真館と登録されている8階は鉄の門で閉められていて内部に入ることは出来なかった。

違法 風俗 営業

違法風俗店の運営と売春斡旋..?!(画像出典:NEWSA capture)

それだけでなく、夜に運営されている該当の風俗店は会員制として運営されていた。

内部の関係者が「女性も一緒に来て、こっそり売春をするお店だ」と伝え、また他の風俗店の職員は「中で2時間共に遊びます。多分(売春を)するんでしょう」と売春斡旋を言及するような内容を伝えた。

これ以外に「ニュースA」では、レストランとして登録されているD-LITEの建物内にある風俗店に電話で予約の問い合わせをしたところ、職員が「ひょっとして、女性は必要でしょうか?」と答え、D-LITEの建物だと広報までしたと報じた。

一方、「ニュースA」では建物主であるD-LITE側の立場も伝えた。

DLITE カンテソン bigbang

D-LITEは所有しているだけで営業とは無関係とのことだが..(画像出典:NEWSA capture)

D-LITEの不動産代理人は「D-LITEさんは建物主であるだけで営業と関係がない」とし「購入した当時に受けた事業者登録証上の事業だけ知っている」と明らかにし「違法風俗店として確認された場合は、賃借人との契約を破棄する」と伝えた。

また建物のある江南区庁は、D-LITEの建物に対して取り締まりを実施し、違反事項で摘発されれば行政措置に出る計画だと知らされた。

現在、江原道(カンウォンド)華川(ファチョン)第27師団イギジャ部隊新兵教育隊で助教として軍服務中のD-LITEは、今年の12月に除隊する予定だ。


BIGBANG D-LITEが所有する建物で違法風俗店の運営が..?!(動画出典:채널A 뉴스)
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。