B.A.Pのヒムチャンが、強制わいせつ容疑で立件された。

アイドルグループB.A.Pのヒムチャン(本名 キム・ヒムチャン)が、強制わいせつ容疑で立件された。ヒムチャン側は「双方の主張が異なり、事実関係を解明しなければならない」と伝えた。

強制わいせつ容疑で立件されたB.A.P ヒムチャン

強制わいせつ容疑で立件されたB.A.P ヒムチャン(出典:Instagram)

所属事務所のTSエンターテインメントは、ヒムチャンが警察から聴取を受けたことを認めた。
ヒムチャンは8月末、南楊州のペンションで20代の女性を強制わいせつした容疑がかけられているという。

警察によると、被害女性は男性3人と女性3人でペンションに遊びに行ったが、ヒムチャンから強制わいせつを受けたと主張し、明け方に警察へ通報。警察が出動し、被害を主張した女性とヒムチャン、参考人に対する調査をすべて終えたという。

TSエンターテインメント側は「ヒムチャンが知人の紹介で知人の一行とともにした場で誤解が生じ、警察の調査を1回受けた」とし「警察が起訴意見で検察に送致すると報道されたが、現在双方の主張が異なるため、今後の調査が必要な状況」と伝えた。

ヒムチャンは事実関係を釈明すると明らかにしたが、警察に立件されただけに、今後のB.A.Pの活動に影響が出ることは確実となるだろう。

一方B.A.Pは2012年「WARRIOR」でデビュー。「No Mercy」「CRASH」「ONE SHOT」などのヒット曲を発表し、人気となった。先月メンバーでリーダーのバン・ヨングクが専属契約満了とともに脱退し、5人組として歩み始めたばかりだった。

B.A.Pを脱退したバン・ヨングク

B.A.Pを脱退したバン・ヨングク(出典:Instagram)

▼ヒムチャンの立件を報じる現地ニュース(MBC)▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]