12月16日に収録が行われる「アイドルスター選手権大会(愛称 アユクデ)」。本日、収録日に先駆けて当番組に出演するアイドル達が番組側から発表された。この出場者のラインナップを見たアイドルファン達からは出場アイドル達の安否を心配する不安の声が多く聞かれることとなっている。

2020年に放送される「アイドルスター選手権大会(愛称 アユクデ)」の出場者が発表された。

毎年の恒例行事としてファン達から注目を集める「アイドルスター選手権大会」。
来年2020年も例年通り放送される当番組に参加するアイドル達が発表され、多くのアイドルファン達の注目を集めている。

「アイドルスター選手権大会」の出場者発表にファン達から聞かれる不安の声

本日発表された2020年にも放送される「アイドルスター選手権大会」の出場者!(出典:アイドルスター選手権大会公式ホームページ)

2020年旧正月特集“アイドルスター選手権大会”には合計202人ものアイドル達が参加するとのこと。
女性アイドルは22のグループが参加するとのことで、その中にはA Pink(エーピンク)、MAMAMOO(ママム)、OH MY GIRL(オーマイガール)、MOMOLAND(モモランド)、そして今年デビューしたITZY(イッジ)も含まれている。

一方、男性アイドルからはSEVENTEEN(セブンティーン)、MONSTA X(モンスタエックス)、NCT DREAM(エヌシーティードリーム)を含む、29ものグループが参加するとのこと。

更に、Wanna One(ワナワン)出身のキム・ジェファン(ハングル 김재환)、パク・ジフン(ハングル 박지훈)、ハ・ソンウン(ハングル 하성운)に加え、Wanna One出身メンバーのイ・デフィ(ハングル 이대희)、パク・ウジン(ハングル 박우진)が所属するAB6IX(エービーシックス)も参加するという今回の「アイドルスター選手権大会」。
多くのWanna One出身メンバーアイドル達が参加するという点からはWanna Oneのファンのみならず、メディアからも大きな関心が寄せられる事が推測される。

来る12月16日に収録が行われる当番組では陸上、アーチェリー、相撲、PK(ペナルティーキック)、投球、E-スポーツ、乗馬の7競技が行われるとのこと。
番組の収録に先駆けた12月13日、「アイドルスター選手権大会」側は“出場するアイドル202人が安全に楽しむ事が出来る祭りの場になるように万全を期している”ということを伝え、応援を募った。

2020年旧正月特集“アイドルスター選手権大会”に対し韓国ネット上からは

「アユクデ、またやるんだね…」
「お正月に好きなアイドル達が見れるのは嬉しいけど絶対に怪我をしないで…」
「競技の中に乗馬があるけど危険じゃないの?」
「この番組はいつになったら廃止されるの?」
「どうかアイドル達がだれも怪我をしませんように」

という番組に出演するアイドル達を心配する声が多く聞かれることとなった。

激しい運動を行うという点から思わぬ事故が発生し、これまで多くの負傷者が出ている「アイドルスター選手権大会」。
このことからファン達の中には自身が応援するアイドルが当番組に参加する、という事が発表された際に複雑な気持ちを抱く者も多いようだ。

以前に比べて危険度の高い競技は減ったものの、依然としてファン達から聞かれる心配の声。
来る16日には出演者達が誰一人として怪我をする事無く、安全に収録が行われる事を祈る。