デビュー前からミュージックビデオの盗作疑惑、日本人メンバーの過去の暴露など様々な論議に包まれたSMエンターテインメント所属の新人ガールズグループaespa(エスパ)。だが、最近ダンス練習動画が公開され、ネットユーザーたちを感心させている。

SMエンターテインメント(以下:SM)の新人ガールズグループaespa(エスパ)が、いよいよ歌謡界に足を踏み入れた。

aespaは、S.E.S、少女時代(SNSD)、f(x)など傑出したガールズグループを輩出してきたSMが、Red Velvet以来約6年ぶりにローンチしたガールズグループだ。SMが野心に燃えてリリースしたグループであるだけに、aespaの歩みに大衆の耳目がいつの時よりも熱い。

歌謡界が注目するaespaのデビュー

aespaのデビューに歌謡界が注目している(画像出典:aespa Twitter)

aespaが以前のガールズグループと差別化される点は、「現実世界のメンバーたちと仮想世界のアバターを通じて、新しい世界を経験する」という世界観でデビューしたという点だ。

11月17日のデビューとともに、新曲『Black Mamba』のミュージックビデオが公開されるとすぐに1000万ビューを突破するなど、その数字から話題性や人気を察することができる。

(関連動画)SM注目の新人ガールズグループ aespa(エスパ) ‘Black Mamba’ MV公開

そのような中、11月26日に、SMは公式ユーチューブチャンネルなどを通じてaespaの振りつけ練習動画を公開。この日、メンバーたちは華やかなステージ衣装ではなくラフなトレーニングウェアを着用して参加した。

ネットユーザーの間で話題になっているaespaのダンス練習動画

aespaのダンス練習動画がネットユーザーの間で話題に(画像出典:aespa Youtube)

(関連動画)aespa デビュー曲 ‘Black Mamba’ 振りつけ練習動画

該当の動画を見た一部のファンからは「新人アイドルなのにダンスの実力がすごい」「ラフな服装だとキレの良さが明確になりますね」「色々な論議があったけど、やっぱり違う。アイドルはパフォーマンスで評価すべき」などの反応が寄せられ、aespaのダンス動画を称賛している。

これに先立ち、aespaは『Black Mamba』のティーザー映像とミュージックビデオで盗作疑惑が浮上。また、仮想キャラクターを活用したコンセプトが、PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』のバーチャルポップグループである”K/DA(ケーディーエー)”を真似たという論議、メンバーのアバターがBLACKPINKのリサに酷似しているという指摘、日本人メンバーの過去の暴露など様々な議論で世間を騒がせたことがある。

(関連記事)「どこかで見たような‥」終わらないSM議論、今度はaespaのMV盗作疑惑

デビュー前に様々な論議が浮上したaespa

aespaはデビュー前に様々な論議が浮上した(画像出典:aespa Twitter)

だが、このような論議をものともせず、デビューに向けて着々と準備を続けたaespa。世界的なトレンドの中の1つとして位置づけされたK-POPを代表するSMの新人であるだけに、批判の声よりも国内外のファンたちの熱量の方がさらに大きかったというわけだ。

チームだけでなく、優れたボーカルの実力とダンスの実力を兼ね備えている1人1人のメンバーに対する関心も高く、今までに一度も見たことのなかった新概念のグループとして、aespaの差別化された魅力と音楽性、パフォーマンスが大衆にどのような影響を与えるのか、期待の新鋭として注目されている。




最新ニュース

おすすめニュース