2PMのマンネ(末っ子)ライン、チャンソンが本日2021年1月5日に満期除隊する。新型コロナウイルスの影響で休暇後に部隊に復帰はせず、そのまま除隊の運びとなった。アーティストとしてはもちろんだが、演技力にも定評のあるチャンソンの俳優キャリアを改めて振り返ってみたい。

2PMのマンネ(末っ子)ライン、チャンソンが本日2021年1月5日に満期除隊する。また新型コロナウイルスの影響で軍隊に復帰はせず、そのまま除隊となった。

軍服を着用したままセルカをアップしたチャンソン

軍服を着用したままセルカをアップした2PMチャンソン。(画像出典:チャンソン 公式Twitter)

同じくマンネラインであるジュノの除隊も100日を切っており、2PMは間もなく完全体となる。メンバーのテギョンは、グループの所属事務所であるJYPを離れているが、先日開催されたオンラインコンサートにサプライズで登場し、変わらぬ友情を見せた。それだけに、6人揃っての活動再開はそう遠くなさそうだ。

一方で、30代に突入したチャンソンが、今後は俳優活動にも力を入れていくのではとも考えられる。役者デビュー自体は、2PM以前のため出演作は多く、日本では映画の主演も務めているほど。また、劇中ピンポイントの登場ながらも強い印象を残すなど、その実力は折り紙付き。

ここでは、そんな彼の俳優としてのキャリアを紹介したい。

MBC『思いっきりハイキック!(2006)』

自身の名前ファン・チャンソン役で出演したシットコム・ドラマ。

コミカルな演技で視聴者に印象付けたチャンソン

コミカルな演技で、視聴者に印象を残したチャンソン。(画像出典:YouTube 옛드 : 옛날 드라마動画キャプチャー)

シットコムとしては、約5年ぶりに視聴率20%を超えたヒット作。俳優のチョン・イルやパク・ミニョンなど、現在の韓国俳優界を背負う俳優陣も出演していた。

KBS2青少年ドラマ『ジャングルフィッシュ(2008)』

試験問題流出を巡り繰り広げられた短編形式ドラマ。

メガネにロングヘアがトレードマークのパク・ヨンサム。

パク・ヨンサムは、メガネにロングヘアがトレードマークだ。(画像出典:KBSオフィシャルサイト)

融通の利かないパク・ヨンサム役で出演

(画像出典:YouTube Dreaming Kim Soo Hyun動画キャプチャー)

キム・スヒョンが初主演を務めた短編ドラマで、チャンソンはクラスメートのパク・ヨンサム役に扮した。融通の利かない性格だが、学級委員として認められるため大げさな仕事をする人物を演じている。本作は、米ピーボディー賞、東アジアPDフォーラム優秀賞、ソウルドラマフェスティバル『青少年部門』最優秀賞、アジア太平洋放送連盟最優秀賞など、多くの作品賞を受賞した事でも知られている。

MBC『7級公務員(2013)』

2009年に製作された同名の映画をドラマ化したもので、国家情報院の新人エージェントたちの物語。

『7級公務員』では、チュウォンと恋の火花を散らした

『7級公務員』でチャンソンは、チュウォンと恋の火花を散らした。(画像出典:MBC)

本作では特殊部隊出身のエリートだったが、ある事件がきっかけで国家情報院の一員となるコン・ドハを演じた。

KBSドラマスペシャル『あなたのノワール(2013)』

2013年に放送された単発ドラマで、チャンソンは暴力団員のヒョンジュを演じた。

チンピラのヒョンジュは、初恋の担任教師に出会い‥。

チンピラのヒョンジュは、初恋の担任教師に再会し彼女を守ろうとするが‥。(画像出典:KBS World 動画キャプチャー)

映画『レッドカーペット(2014)』

チャンソンの映画初出演作。

本作のシナリオの虜になり出演を決めたというチャンソン

『レッドカーペット』のシナリオの虜になり、出演を決めたというチャンソン。((c)Noori Pictures, All Rights Reserved)

アダルト映画界のヒットメーカーとして名を馳せる映画監督ジョンウ(ユン・ゲサン)が、子役俳優出身のトップ女優ウンス(コ・ジュニ)と繰り広げるラブコメディー。チャンソンは、一流の芸大を出ながらも天然が炸裂している新人ADデユンを演じ、好評を得た。

映画『ダイナマイト・ファミリー(2014)』

破天荒な5兄弟が、行方不明になった両親の失踪をめぐり展開するコメディーとスリラーが組み合わさった痛快サスペンス。

警察官志望の三男スグンを演じた。

警察官志望の三男スグンを演じている。(画像出典:© Kakao Corp. All rights reserved.)

顔を合わせれば取っ組み合いを始める5人の兄弟が、行方不明となった両親を探すべく力を合わせるが‥緊張感とスリルを盛り込んだひと味違ったユニークな作品だ。チャンソンは高慢な義理を誇る警察志望生スグンを演じている。

映画『忘れ雪(2015)』

新堂冬樹の同名純愛小説映画化。チャンソンは日本映画初出演にして初主演を務めた。

日本映画『忘れ雪』で初出演を務め話題になった。

日本映画の『忘れ雪』で初出演を務め話題になった。(画像出典:アーチ・エンタテインメント)

チャンソンは獣医になるため、韓国から日本に留学したテオを演じ、ヒロインの大野いとと抜群の呼吸で純愛を見せた。

JTBC『僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~』

『善徳女王』で国民的女優となったイ・ヨウォンと、大ヒットドラマ『シークレット・ガーデン』で注目を集めたユン・サンヒョンが勝気な上司と、弱気シングルファーザーに扮して繰り広げたオフィス・ラブコメディー。

ユン・サンヒョンの弟、ナム・ボンギに扮した。

本作ではユン・サンヒョンの弟、ナム・ボンギに扮した。(画像出典:JTBC Drama動画キャプチャー)

久々のドラマ復帰となった『僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~』。チャンソンは気の弱い兄を尻目に飄々と生きるナム・ボンギ役を引き受けた。本作では、日本語も披露している。

舞台『私の愛、私の新婦(2017)』

2017年には、舞台に初めて挑んだ。

チャンソンはトリプルキャストの一人に抜擢された。

チャンソンは、本作でトリプルキャストの一人に抜擢された。(画像出典:interpark)

映画『私の愛、私の花嫁』をリメイクした作品。結婚した人も未婚の人も、すべての人々が共感できるリアル密着型ロマンティックコメディーで、チャンソンは感受性豊かな作詞家、キム・ヨンミンに扮した。

KBS『七日の王妃(2017)』

宿命に翻弄されながらも、甘く切ない愛を貫いた王宮ラブストーリー。

本作で時代劇初挑戦となったチャンソン

チャンソンは本作が時代劇初挑戦となった。(画像出典:KBS Drama動画キャプチャー)

本作が時代劇初挑戦となったチャンソンは、朝鮮第11代国王・中宗イ・ヨク(ヨン・ウジン)の右腕であり親友のソノ役として出演している。

tvN『キム秘書はいったい、なぜ?(2018)』

『梨泰院クラス』で爆発的人気をさらったパク・ソジュンとパク・ミニョンが上司と部下の関係から、恋愛の駆け引きを展開するオフィスラブストーリー。

本作ではコミカルな表情をたくさん見せた。

『キム秘書~』では、コミカルな表情をたくさん見せた。(画像出典:tvN ENT動画キャプチャー)

倹約家のエリート男子コ・グィナムに扮したチャンソンは、会社で見せるスーツ姿とは一転、自宅ではTシャツにジャージで過ごす庶民的な姿を見せている。

***

上述以外にも、松坂桃李主演の日本ドラマ『怪盗ロワイヤル(TBS:2011)』の出演や、SBS『浪漫ドクター キム・サブ』、tvN『真心が届く』などで特別出演を果たすなど、途切れることなく俳優としても目覚ましい活躍をしている。

2PMの末っ子ながら”セクシー担当”と言われていたチャンソンが、除隊後より一層大人の色気を持ってどんな作品に挑むのか、今から期待したい。