韓国映画「パラサイト 半地下の家族」に出演していたパク・ソダム(ハングル 박소담)がアカデミー賞で着用していたピンク色のドレスについて、有名スタイリストがビハインドストーリーを公開した。

韓国の有名スタイリスト シン·ウシク氏が、話題の映画「パラサイト 半地下の家族(原題 기생충 / 寄生虫)」で’ジェシカ先生’に扮し好演したパク·ソダム(ハングル 박소담)の’アカデミー賞授賞式のビハインドストーリー’を公開した。

ピンク色のドレスを着ているパク・ソダム

パラサイトの女優陣、ピンク色のドレスを着ている人がパク・ソダム(画像出典:パク・ソダム インスタグラム)

13日に放送されたMBC FM4Uのラジオ番組「今朝のチョン・ジヨンです(오늘 아침 정지영입니다)」にスタイリストのシン・ウシク氏が出演した。

シン・ウシク氏は、先日米・LAで行われた’第92回米国アカデミー賞授賞式(オスカー)’で、パク・ソダムが着たピンク色のドレスについて言及し、「私の計画どおりになった。 (ドレスを)30着くらい着た。ドレスの中から選んでは拾てるを本当にたくさん繰り返した。そして最後の最後に出た武器だった」と述べた。

続いて「ビンテージ風のドレスだ。その一方で、パク·ソダムの白い肌を引き立たせるドレスでもある。また男性のタキシードラインを支えるドレスでもある」と説明し、注目を集めた。

韓国有名スタイリスト シン・ウシク

韓国有名スタイリスト シン・ウシク氏(画像出典:シン・ウシク インスタグラム スクリーンショット)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。