YGエンターテインメントが、11月16日に新人ボーイズグループ選抜番組「YG宝石箱」をスタートさせる。

YGヤン・ヒョンソク代表プロデューサー

YGヤン・ヒョンソク代表プロデューサー(出典:YGエンターテインメント)

YGヤン・ヒョンソク代表プロデューサーは29日午後、公式ブログを通じて「この番組を通じて、これまで公開していなかったYGの男子練習生29人をすべて公開する」と明らかにした。

「YG宝石箱」は、BIGBANG、WINNER、iKONなどYGボーイズグループを誕生させたサバイバル番組の延長線にある。YGが宝石箱に入れて育てて来た男子練習生を、完全に公開するという趣旨。29人の練習生は14歳から19歳で構成されている。番組で練習生をすべて公開し、視聴者たちの評価と選択を見た後、選抜基準に適用する計画だ。

選抜基準についてYGは「実力は基本であり、外見的な魅力を同時に兼ね備えたスター性のある人材を中心に選抜する計画」とし「選抜メンバー数は5人を想定して始めたが、番組の進行状況を見守りながら、柔軟に決定しようとしている」と述べた。

ヤン代表は「YGは2013年SBS『Kポップスター』の準優勝者であるパン・イェダムをはじめ、デビューを待って長い間汗を流した練習生が多い」とし「YG新人ボーイズグループのデビューは、来年が最も適切な時期だと判断している」と説明した。

続いて「BIGBANG、WINNER、iKON選抜時より参加人数がはるかに多く、これまでよりも競争率が高い状況」と伝えた。

「YG宝石箱」は、NAVER VライブやYouTubeやインターネットプラットフォームを促進し、TV放映も検討中だ。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)