ガールズグループMOMOLAND(モモランド)が、日本デビュー初日に7000人余りのファンを集めた。

日本デビューを果たしたMOMOLAND(出典:genie.co.kr)

モモランド 7,000人の日本ファンを魅了

14日、所属事務所MLDエンターテインメント側は「去る13日、日本で1stシングルをリリースし、現地メディアのインタビューやイベントなどを始め、本格的な日本活動に入った」と述べた。

MOMOLAND側によると、日本到着当日の13日、地上波放送や新聞社など30余りの媒体取材陣が、MOMOLANDを取材するために集まった。
会場となったラゾーナ川崎ルーファ広場グランドステージでは、空席を見つけるのが難しいほど、7000人余りのファンが集まり、MOMOLANDの人気を感じさせた。

モモランド@ラゾーナ川崎(出典:Youtube)

彼らはメンバーの名前を叫んだり、歌ったりダンスを真似たりするなど、熱気に包まれた。

所属事務所関係者は「本当に想像以上の日本ファンの反応に、関係者たちはもちろんMOMOLANDメンバーも喜んでいる」とし「19日までこの勢いを続け、日本でもMOMOLANDの音楽がより愛されるように努力する」と語った。

MOMOLANDは13日、待望のJAPAN 1stシングル『BBoom BBoom』をリリース。これを記念し、15日には大阪・Zeppなんば大阪、17日には東京・マイナビBLITZ赤坂で、1stファンミーティング「MERRY LAND SEASON 1」を開催する。

また、来る26日には韓国でニューアルバム『Fun to the world』を発表し、韓国と日本を行き来しながら、活動を続けていく予定だ。

▼ モモランド 日本デビュー ▼

▼ モモランド 日本デビュー(上から) ▼

+α モモランドはどんなグループ?


多くのファンを熱狂させているモモランドだが、まだ日本では馴染みが薄いのも事実である。

MOMOLANDは、韓国のガールズグループ。
MLDエンターテインメント所属。
グループ名はミヒャエル・エンデの童話「モモ」になぞらえ「時間に追われる人々に一つずつファンタジーを取り戻す」という意味が込められている。
Mnetのサバイバル・オーディション番組『MOMOLANDを探して』で選抜された。
Wikipedia

デビュー当時は7人だったものの、その後デイジー(데이지)やテハ(태하)が加わり9人組グループに再編成された。

2018年1月に発表した「뿜뿜(ぷむぷむ)」がK-POPランキング番組で1位を獲得、注目を集めた。

▼ モモランドのヒット曲 ぷむぷむ ▼

+α 自作自演の買い占め疑惑?

1位の歓喜も束の間、2018年2月韓国国内の某チャートで「ぷむぷむ」が収録されているアルバム「GREAT!」が一瞬で8,200枚が売れ、自作自演の買い占めではないかと疑われた。

韓国NAVERにも一般ニュースとして紹介されていた(出典:NAVER)

実は「ぷむぷむ」はパクリ疑惑を抱かれていて、正に「疑惑のダブルパンチ」だった。

▼ ロシアのセレブロの「MiMiMi」と「ぷむぷむ」 ▼

ただ、今回のパクリ疑惑を提起したのはロシアのセレブロ自身で、ファンによるものではなかった。
ファンの間でも「どこか雰囲気は似てるように聞こえるけど、パクリではない」という意見が大半を占めている。
むしろ、売名行為とセレブロを批判するファンもいる。

「ぱくりではない」と認めるような記事も登場した。(出典:朝鮮日報)

しかし、不祥事はここで終わらなかった。
2月12日 韓国国内の某CD販売サイトで「ぷむぷむ」が収録されているアルバム「GREAT!」が一瞬で8,200枚が売れ、自作自演の買い占めではないかと疑われた。

アルバムが発表された1か月間売れたCDが5,000枚だったのに、この日だけ8,200枚が売れたので、疑われるのは当然だった。

出典:instiz.net

一連の疑惑に対し、モモランドの事務所は日本のファンによる購入だったと解明した。
日本で発売される予定だったモモランドのアルバムに「ぷむぷむ」が収録されないと告知され、「ぷむぷむ」を手に入れようと一気に動き出したとみられるとの見解を示した。

モモランド…まとめ

モモランドの事務所の解明にも疑いの目を向けられていたモモランドだが、日本デビューでなんとかイメージ刷新を図っている。
ただ、疑いが晴れてないためか、日本のLINE音源チャート1位(15日)獲得も疑いの目で見られるのではないかと心配されている。

モモランド アルバムジャケットイメージ

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (4)
  • 役立たず (1)
  • 普通だった (0)