グローバルアイドルBTS(防弾少年団)が、韓国人アーティストとして初めて、グラミーミュージアムに登場した。

BTSがグラミーミュージアムに登場した

BTSがグラミーミュージアムに登場した(出典:BigHitエンターテインメント)

BTSは11日(現地時間)、米ロサンゼルスのグラミーミュージアム クライブ・デイビス劇場で開かれた「BTSとの対話(A CONVERSATION WITH BTS)」に参加した。グラミーミュージアムが主催したこのイベントに、韓国のアーティストが参加したのは、彼らが初めて。

グラミーミュージアム

グラミーミュージアム(出典:billboard)

「LOVE YOURSELF」ツアーの米公演について感想を語るBTS

「LOVE YOURSELF」ツアーの米公演について感想を語るBTS(出典:BigHitエンターテインメント)

BTSは200人余りの観客が集まった中、グラミーミュージアムの芸術監督であるスコット・ゴールドマンとともに、音楽の方向性、アルバムの制作過程、メンバーたちとの関係、ファンの重要性など、さまざまなテーマについて、自分たちの考えを正直に語る時間を過ごした。

まず、昨年に行われたアメリカツアーと、今回のLAステイプルスセンターで行われた公演の違いについてJ-HOPEは「ニューアルバムの音楽で、4回にわたりファンのみなさんに会ったという点」に言及し、「多くのファンが熱狂的に反応し応援してくださったおかげで、意味の大きいステージだった」と述べた。

シュガは、BTSの成功と音楽作業について「BTSのメンバーたちが自分たちで考え、感じたものを音楽で表現してきたが、それが今この場にいることができた原動力」であり、「事務所とメンバーの両方が密接に呼吸を合わせて来たおかげで、さまざまなジャンルの良い音楽を作ることができたようだ」と答えた。

RMは「BTSはメンバーの内面の話からモチーフを得て、アルバムコンセプトを決め、メッセージを伝えている」とし「デビュー後、学校、青春、自分自身を愛してみよう、などのテーマでアルバムを制作してきた。アルバムを通して、僕たち自身も愛の意味をもう一度再確認するきっかけになった」と述べた。

ジミンはメンバーとの意思疎通について「常にメンバーが良いメロディーと歌詞を生み出してくれるが、レコーディングしながらお互いの意見調整が必要な時は、みんなで集まってたくさん話をして、良い方向に問題解決しようと努力している」と説明した。

Vは「ファンがBTSに翼をつけてくれた。僕たちがこの場に来るまでに助けてくださった。そのおかげで僕たちとファンとの関係はとても近い」とARMYに感謝の気持ちを伝えた。

ジンも「僕たちが記録した成績は、ファンがいてくれたからできたこと」とし「『LOVE YOURSELF』ツアーは、BTSだけで公演をするのではなく、ファンと一緒にするもの」と伝えた。

ビルボード200で二度の1位を記録したことに対してジョングクは「今まで達成したものに対して、責任と負担を感じている。しかし音楽や行動など、すべての面での心構えを掴むよう、努力していく」と語った。

一方BTSは12日(現地時間)、オークランドのオークルアリーナで「LOVE YOURSELF」ツアーの公演を続けていく。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (1)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)