個性溢れるメンバーが揃うiKON。ここではそんな彼らのパフォーマンスを更に輝かせる衣装の特徴や、メンバー達の気になる私服の特徴、グループ内のファッションリーダーを紹介する。

iKONの衣装の特徴

王道のアイドルらしいステージ衣装よりも、ヒップホップスタイル、カジュアルスタイルの衣装を着用することが多い。
デビュー当初は個性的で奇抜なデザインが多かったが、最近ではカジュアルな衣装、スーツスタイルも頻繁に着用している。
『KENZO』、『AMIRI』、『POLO RALPHLAUREN』等のブランドの服も衣装に用いられることがある。

iKONのファッション
写真提供:©スポーツ韓国

iKONメンバーの私服の特徴

カジュアルなスタイル、ラフなスタイルのコーディネートを披露している姿がよく見られる。
時に、個性的なコーディネートを披露することもある。
空港などの場ではメンバーそれぞれの個性が現れた私服で登場する事が多い。
コーディネートの中には『GUCCI』、『BURBERRY』、『PRADA』、『LOUIS VUITTON』等のハイブランドのアイテムもさり気なく組み込まれている。

iKONのファッションリーダー

ファッションセンスに定評があるメンバーはBOBBYとDK(ドンヒョク)
DKはカジュアルスタイル、BOBBYは個性的なスタイル、とそれぞれ異なったセンスを持っている。

iKON

iKON(アイコン / ハングル 아이콘)は、2015年にYGエンターテインメントからデビューした韓国の男性7人組ヒップホップアイドルグループ。

メンバーは、JAY(ジェイ)、SONG(ソン)、BOBBY(バビ)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、CHAN(チャン)の6人で、元メンバーのB.I(ビーアイ)は2019年6月脱退した。

グループ名は、英語「icon」のCをKに変えたもので、K-POPを代表するアイコンになるという意味が込められている。

iKON 最新記事はこちら(85)