高いダンスと歌の実力を誇るBTS(防弾少年団)のメンバー、ジミン。ここでは彼がBigHitエンターテインメントに入所するまでの経緯から、デビュー前のエピソードなどを紹介する。BTSで欠かせない存在のジミンが練習生時代に経験した危機とは..?

BTS ジミンBigHit入所までの経緯

RAIN(ピ)のパフォーマンスを見て、歌手の夢を抱くようになった
中学2年生の頃からポップダンスを始め、その後、故郷釜山(プサン)の芸術高校 舞踊科に進学する。
高校に在学していた際、教師からBigHitの釜山公開オーディションの推薦を受けたことが、BigHit入所のきっかけとなる。

BTS ジミンのデビュー前のエピソード

釜山芸術高等学校 舞踊科初の首席入学を果たし、校内で話題の人物となった。
練習生時代、1日3時間しか睡眠を取らずに練習に励んでいた。(このジミンの様子を見ていたジンは「死なないだろうか」と心配していた)
練習生の期間が短かったこともあり、事務所には彼のBTS入りに否定的な意見を持っていた人が多くいた。

BTS ジミンのデビューまでの経緯

2012年5月に釜山からソウルに上京し、BigHitに入所。(この時にジミンを迎えにきてくれたのはJ-HOPEで、彼がジミンに初めてかけた言葉は「혹시..지민씨?(もしかしてジミンさん?)」というぎこちないものだった)
練習生時代に8回ほど、BTSメンバーから外されそうになる危機を経験する。
しかし必死の努力の末、2013年6月に防弾少年団のメンバーとしてデビューする。

ジミンデビューきっかけ
出典:BigHitエンターテインメント公式ホームページ

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2770)


[su_spacer size=”30″]