Danmeeが韓国の最新スポット情報をお届け!今回は、倉庫や町工場をリニューアルしたカフェやアパレルショップなどが立ち並ぶことから、“韓国のブルックリン”と呼ばれる聖水洞(ソンスドン)にある塩パンを取り扱うショップを4つご紹介します。

塩パンを取り扱うショップが多い聖水!

聖水では、塩パンを取り扱うショップが多い!(画像出典:Pexels)

ソウルの東部にある町、聖水洞(ソンスドン/以下聖水)。

倉庫や町工場をリニューアルしたカフェやアパレルショップなどが立ち並ぶことから、“韓国のブルックリン”と呼ばれ、今若者に大人気!

そんな聖水では、塩パンを取り扱うショップが多いことをご存じでしょうか?

ここでは、ソウル在住のレポーターKが実際に塩パンを食べ比べした感想と共にショップ情報を合わせてご紹介します!

MUNCHIES AND GOODIES

ヨーロッパ風の雑貨店『MUNCHIES AND GOODIES(モンチス アンド グッディズ)』。

店内には海外を中心に買い付けられた選りすぐりの雑貨がずらりと並んでおり、ソウルにいることを思わず忘れてしまうそう!

外観 MUNCHIES AND GOODIES

MUNCHIES AND GOODIES 外観(画像出典:Danmee編集部)

そんな雑貨売り場の横にはベーカリーが併設。

テイクアウトのみの販売で、パン屋さん目当てにショップを訪れる方も多いようです!

塩パン3,200ウォン MUNCHIES AND GOODIES

MUNCHIES AND GOODIES 塩パン3,200ウォン (画像出典:Danmee編集部)

『MUNCHIES AND GOODIES』の塩パンは、三日月形で可愛らしいビジュアル。

バターが濃厚すぎず、あっさりと1つ食べきることが出来ました♡

塩パン以外にも、クロワッサンやタルトなども販売していてバラエティ豊かなラインナップが楽しめます!

■店舗情報
MUNCHIES AND GOODIES(モンチス アンド グッディズ/먼치스앤구디스)
@munchiesandgoodies
営業時間:11:00~20:00
住所:서울 성동구 성수동2가 316-59
(ソウル特別市 城東区 聖水2ガ 316-59)

MAISON DE MARGARETT

ベーグルの名店と称される『MAISON DE MARGARETT(メゾンドマーガレット)』。

外観 MAISON DE MARGARETT

MAISON DE MARGARETT 外観(画像出典:Danmee編集部)

『MUNCHIES AND GOODIES』と同じく、ヨーロッパ風の外観&内装。

ショップの前でSNS用に撮影する人も多くフォトスポットとしても人気です。

本店もテイクアウトのみでの販売となっています。

塩パン 3,000ウォン MAISON DE MARGARETT

MAISON DE MARGARETT 塩パン 3,000ウォン(画像出典:Danmee編集部)

そんな有名店が手掛ける塩パンということもあり、凄まじい人気!レポーターKは、3回目の来店にしてようやくゲットすることが出来ました。

コロンとした形の塩パンは、外がサクサクで中にはたっぷりのバターが入っていて絶品!人気の理由が分かる美味しさでした♡

購入する際は、午前中に来店することをおすすめします。

■店舗情報
MAISON DE MARGARETT(メゾンドマーガレット/메종드마가레뜨)
@maison_de_margarett
営業時間:9:00~18:00
住所:서울 성동구 성수동2가 302-24
(ソウル特別市 城東区 聖水2ガ 302-24)

MELLOWER

続いてご紹介するのは、塩パン愛に溢れたベーカリーカフェ『MELLOWER(メロワ―)』。

入り口には塩パンモチーフのオブジェも飾られていました。

外観 MELLOWER

MELLOWER 外観 (画像出典:Danmee編集部)

さらに、店内には塩パンがより美味しく食べられる方法を書きだしたメモも!

工場を改装して作られた『MELLOWER』は、聖水ならではの雰囲気が味わえます。

塩パン 3,800ウォン MELLOWER

MELLOWER 塩パン 3,800ウォン (画像出典:Danmee編集部)

『MELLOWER』の塩パンは、バターの風味がしっかりとついており、少し生地が甘めでロールパンっぽさも。

塩は大粒で甘い生地と合わさり甘じょっぱい味わいがクセになりました!

■店舗情報
MELLOWER(メロワ―/멜로워)
@mellower_kr
営業時間:11:00~22:00
住所:서울 성동구 성수동2가 302-24
(ソウル特別市 城東区 聖水2ガ 302-24)

ACCUR

最後にご紹介するのは、オレンジ色の外観が目印の塩パン専門店『ACCUR(アッカー)』。

『ACCER』は、聖水のメインストリートから少し離れているため、レポーターKのイチ押しの穴場スポットです。

外観 ACCUR

ACCUR 外観 (画像出典:Danmee編集部)

店内で流れる音楽にもこだわっている本店は居心地もばっちり。

都会の騒音を忘れてゆっくりとした時間が過ごせそうです!

塩パン3,500ウォン ACCUR

ACCUR 塩パン3,500ウォン (画像出典:Danmee編集部)

『ACCER』の塩パンは、外がカリッと焼き上げられていて、中には濃厚なバターがたっぷりイン!レポーターは『ACCER』の塩パンが1番好きでした♡

生クリームやチョコレートを組み合わせた塩パンもあり、種類豊富に楽しむことが出来そうです!

■店舗情報
ACCUR(アッカー/어커)
@accurcoffee
営業時間:月~木8:00~19:00、土10:00~19:00※日曜日定休
住所:서울 성동구 성수동2가 299-129
(ソウル特別市 城東区 聖水2ガ 299-129)

***

さて、ここまでソウルのホットスポット聖水の塩パン4選を紹介してきましたが、いかがでしたか?

聖水には上記以外にも塩パンのショップがまだまだあるので、レポーターKのように食べ比べしてみるのも楽しいかもしれません!

気になる塩パンが見つかった方はぜひ韓国旅行の際にチェックしてみてくださいね!

※最新情報はお店のSNSや公式サイトからご確認ください。

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2260件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs