俳優カップル、イ・ドンゴンとチョ・ユニ夫妻の離婚を受け、チョ・ユニが過去に出演したテレビ番組内での発言に再び注目が集まっている。その発言に離婚の要因が隠されているのだろうか。

俳優イ・ドンゴンと女優チョ・ユニ夫妻の離婚が発表された。約3年の結婚生活が破綻となり、二人のファンをはじめ大衆からは惜しまれる声が多く囁かれている。

これを受け、昨年1月10日に放送されたKBS2バラエティー番組『ハッピートゥゲザー4』にチョン・ユニが出演した回が話題となっている。その内容とは?

この日の放送でチョ・ユニは「昨日、イ・ドンゴンが遅くに帰ってきた」と冗談めいて話すも、憤る様子を見せた。

チョユニ

白熱したトークを繰り広げてしまったチョ・ユニ(画像出典:KBS公式YoutubeチャンネルKBS2″ハッピートゥゲザー4″キャプチャー)

チョ・ユニは夜遅くまで帰ってくる気配が見えないイ・ドンゴンに、午前1時30分頃から「どこにいるの?」、「楽しいみたいね」などと連絡を残した。
イ・ドンゴンはチョ・ユニからの連絡に「もうすぐ帰る」と答えながらも、帰宅したのは何と午前3時過ぎだったとか。

翌日、早朝から撮影をしなければならないチョ・ユニに代わって、イ・ドンゴンが子どもの面倒を見る約束をしていたにも関わらず、イ・ドンゴンは明け方に帰宅したという。

チョ・ユニは「朝から子どもをケアしてくれる人がいなかったのに、(イ・ドンゴンが遅くに帰宅したので)とても心配になった」と番組内で語っていた。

チョユニ

チョ・ユニの心の叫びはワーママから多くの共感を得たようだ(画像出典:KBS公式YoutubeチャンネルKBS2″ハッピートゥゲザー4″キャプチャー画像)

先月28日にイ・ドンゴン、チョ・ユニ夫妻の離婚が伝えられると該当動画が話題に上がり、これに対しネットユーザーたちはコメントを書き込んでいる。
「チョ・ユニは素直だね」「心の中では煮えくり返って大変だっただろうな」「私でも腹が立つ」「イ・ドンゴンが良くないね」
といったように、チョ・ユニに同情する反応が多く見られている。

たかが朝帰り‥イ・ドンゴンにも断れない理由があったのでは‥と思うかもしれないが、テレビ番組で白熱して話してしまうほどチョ・ユニにとっては辛い出来事だったのかもしれない。

はっきりとした離婚理由は公表されていないが、このような些細な出来事が残念な結果を招く引き金の一つになってしまったのではないだろうか。

日本でも多く存在するワーキングママなら、チョ・ユニの気持ち、そして’怒りポイント’が痛いほど分かるだろう。
家事、育児、仕事と3つの”顔”をこなし、あっという間に一日が終わってしまう。家庭の事情で仕事に支障や迷惑をかけたくないし、もちろん家事も育児も共に手を抜けない。子どもに寂しい想いをさせないように細心の注意を払い、全てにおいて事前にお膳立てして行動しているのだ。

翌日の仕事に穴を空けられず、子どもも一人で居させられない。このようなどうにもいかない状況の時に、約束をしていた夫に朝帰りをされたら、それは‥チョ・ユニのような反応をする人も多いのでは。



芸能界という華やかな世界ではあるが、”ワーママ”としての悩みはみな同じのようだ。


白熱トークを繰り広げたチョ・ユニ(動画出典:KBS Entertain)