美人プロゴルファーとして日本でも名を知られるイ・ボミ選手。彼女が夫である俳優イ・ワンとの縁を結んだエピソードを語ったのだが、そこに女優キム・テヒの名が登場した。果たしてその理由とは。

韓国芸能界でも仲睦まじい夫婦として知られ、美男美女カップルとして羨望の眼差しが多く集まるプロゴルファーのイ・ボミ選手と、夫である俳優のイ・ワン。

イ・ワンは日本の映画『ベロニカは死ぬことにした』で女優の真木よう子と共に主演を務めたことで、イ・ボミ選手は実力とビジュアルから日本のゴルフファンの間で名を知られているという、日本でも馴染み深い韓国スターだ。

イワン、イボミ夫妻

イ・ワン、イ・ボミ夫妻の出会いに隠された謎とは(画像出典:イ・ボミ公式Instagram)

去る16日、YouTubeチャンネル『ゴルフダイジェストTV』で二人のラブストーリーが盛り込まれた単独インタビューが公開された。番組では二人が初めて会った日のエピソードなどが披露されている。

“ゴルフ選手はタイガー・ウッズしか知らない”と言うほど、ゴルフとは縁遠かったイ・ワンだが、「10年前に日本で活動していた時、テレビを通じて妻を見たことがある。ゴルフ選手がなぜこんなに綺麗なのかと驚いた」とイ・ボミを知ったキッカケについて語った。

これに対しイ・ボミは「彼がその放送を運命的に見たので、私たちは会えたのだと思う。もしNAVER(韓国のポータルサイト)で先に見ていたら会えていなかったかもしれない」と”運命的な出会い”であったと告白する場面も。

イワン、イボミ夫妻

多くの祝福が届けられた二人の結婚式(画像出典:イ・ボミ公式Instagram)

敬虔なカトリック信者である二人は、神父の紹介で縁を結んだという。

イ・ワン家族、イ・ボミ家族ともに長い付き合いのあった神父が、両家の食事の席を取るのはどうかと提案してくれたという。これに対しイ・ワンは「10年前に(テレビで)見たことを思い出し、招待に応じた」という。

神父の厚意により設けられた席で、イ・ボミとの”ビビビ婚”を感じたというイ・ワン。
「これまでそんな感情は湧いたことはなかった」とし「家族や神父も同席したからか、この女性と結婚しそうだと感じ、とても不思議だった」と当時を語っている。

同時に、俳優とプロゴルファーでは生活様式が全く異なることを懸念していたという彼は「”ビビッ”ときた感覚を信じ、長く付き合ってみようと思い、そのおかげで出会いが続いた」と付け加えた。

これに対し、イ・ボミは「彼に会う度、とても優しいと感じた」とし「シックでかっこいい男優だと思っていたが、全てが本当に優しく、また運動にも関心を持ってくれたので好感を持った」と話した。
お互いに好印象であり、好意を抱きながら距離を縮めていったようだ。

イワン、イボミ夫妻

韓国を代表するカップルとなった二人(画像出典:イ・ボミ公式Instagram)

だが‥。
イ・ボミは「実は、彼を紹介してもらうために出向いたのではなく、私がキム・テヒさんにとても会いたいと話し、作ってもらった席だった」とまさかの出会いの真相を告白し、一同の笑いを誘ったのだった。

イワンの実姉で、女優のキムテヒ

二人の愛のキューピットとなった女優キム・テヒ(写真提供:©スポーツ韓国)



イ・ワンからすれば、まさに天のお告げのような”ビビビ婚”であった訳だが、イ・ボミから見れば、イ・ワンの姉である「女優キム・テヒに会いたい」というミーハーな(?)気持ちから始まった縁であったようだ。

正直に告白するイ・ボミはとてもチャーミングな女性だと分かる。

どのような気持ちから始まれど、”二人は結ばれる”という運命であったことは、インタビューを見れば一目瞭然である。


イ・ボミ、イ・ワンのラブストーリー単独公開(動画出典:골프다이제스트TV)
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。