“ヒョンビンの母役”として、韓国で愛されている女優のパク・ジュングム。気品あふれるビジュアルや仕草から、これまで数多くの財閥婦人役を担い、素敵な息子たちの母親を演じてきた。息子役を演じた俳優たちには錚々たるメンバーが揃うパク・ジュングム。彼女が次に息子にしたいと語った俳優とは。

韓国で「ヒョンビンの母」と聞けば、すぐにその名が挙がる女優のパク・ジュングム。
ヒョンビンの代表作でもあるSBS『シークレット・ガーデン(2010)』で親子役を演じ、ヒョンビンのブレイクと共に自身の名も広まっていった。

ラグジュアリーな財閥婦人役を自然な演技で披露すると称賛を浴びる彼女。実は、鉄鋼関係の仕事をしていた父親がかなりの富豪で、自身も令嬢として育てられたという。優雅な振る舞いは育ちの良さから醸し出されていたよう。

(関連記事)あのヒョンビンの母はリアル令嬢!ドラマで使用される宝石は’自前’が当たり前

パク・ジュングムはドラマ『シークレット・ガーデン』の名演で、さらに国民からの愛を受けた

ドラマ『シークレット・ガーデン』の名演で、さらに国民からの愛を受けたパク・ジュングム(画像出典:SBS Drama YouTube動画キャプチャー)

美しいビジュアルと振る舞いから、様々な作品で財閥婦人や優しい母親を演じてきたパク・ジュングム。彼女は、ヒョンビンをはじめ、日本でも人気の高い俳優の母親役を多く演じていることでも有名だ。

2013年に放送されたSBS『相続者たち』で、イ・ミンホ扮するキム・タンの継母チョン・ジスク(キム会長の2番目の妻、帝国高校理事長)を、2015年にはSBS『仮面』で、チュ・ジフンが演じたチェ・ミヌの継母、ソン女史に扮している。
また、母親役ではないが、2012年に『根部屋のプリンス』でヨン・テヨン(パク・ユチョン)の大叔母、ヨン・ソルヒ役も担っており、あらゆる作品で気品あふれる姿を披露してきた。

チョン・ジスク役を演じたパク・ジュングム

『相続者たち』チョン・ジスク(画像出典:SBS Drama YouTube動画キャプチャー)

ソン女史役を演じたパク・ジュングム

『仮面』ソン女史(画像出典:SBS『仮面』HP)

日韓で人気を博す俳優たちの母親を引き受けてきたパク・ジュングムが、バラエティー番組を通じて「次に息子役を演じてもらいたい俳優」の名を挙げ、多くの話題を集めている。

去る22日、MBCの音楽バラエティー番組『ミステリー音楽ショー: 覆面歌王』に”花屋のお嬢さん”という名前でステージに登場したパク・ジュングム。

番組内で彼女は、今後、息子役として一緒に演技したい俳優について、カン・ハヌルを挙げた。

カン・ハヌルを息子役候補に挙げたパク・ジュングム

パク・ジュングムの息子役候補(?)カン・ハヌル(画像出典:THカンパニー)

パク・ジュングムはその理由を「基本的に、俳優自身に人間性がないと素晴らしい演技をすることは難しい」とし、「カン・ハヌルは学ぶ姿勢が素晴らしく俳優らしい雰囲気が漂う方のようなので、ぜひ共演してみたい」と告白。続いて、自身の演技人生について「年をとっても、成長していける俳優になりたい」と語っていた。

演技に対して熱い思いを秘めているパク・ジュングムだけに、同じ気持ちを抱いているカン・ハヌルには親しみを感じているようだ。

これまで、数多くの人気スターを”息子”に持ったパク・ジュングム。自身の希望でもある、カン・ハヌルを息子とする日もそう遠くはないはずだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース