‘日本フィギュア界の美男子’羽生結弦選手。韓国のマスコミに「外見、実力、学歴、全てが優れている」と称賛されている羽生選手だが、韓国はもちろんアジアのファンたちが彼に熱狂する理由がオンラインコミュニティーで語られている。

韓国で‘フィギュアスケート界のアイドル’という意味を込めて‘フィギュアドル’と呼ばれている羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手。

今年2月に韓国・ソウル木洞アイスリンクで行われた‘ISU(国際氷上競技連盟)四大陸フィギュアスケート選手権2020’でも羽生選手は圧倒的な強さを見せた。

韓国をはじめアジアで人気の羽生結弦選手

韓国をはじめアジアで人気の羽生結弦選手(画像出典:SBS NEWS キャプチャー)

芸能人、もしくはそれ以上の人気を誇る羽生選手は、韓国内でも一挙手一投足がメディアを通じて報道されているにも関わらず‘アンチがいない選手’、‘性格の良いスポーツスターの代名詞’と報じられて称賛されている。

フィギュアの大会で常にアイスリンクを熱い雰囲気にさせている羽生選手だが、韓国のファンたちが彼に熱狂するには理由がある。

5月13日、韓国のオンラインコミュニティー the qooでは「来韓するたびに韓国語の挨拶を準備する羽生結弦」というタイトルの掲示物が投稿された。

公開された掲示物には、韓国のテレビ局とのインタビューで韓国語を話す羽生選手の動画が幾つか掲載されている。

インタビューを受ける羽生選手は「アンニョンハセヨ。羽生結弦です。応援ありがとうございます。参鶏湯(サムゲタン)や純豆腐(スンドゥブ)など韓国料理を食べてみたいです」と韓国語で挨拶をし、「記憶に残っている韓国語は、平昌(ピョンチャン)オリンピックの時に小平奈緒選手がイ・サンファ選手に話していた‘잘했어(チャレッソ / よくやった)’です。とても印象深く残っています」と語る様子が映し出されている。

韓国語で挨拶をする羽生結弦選手

韓国語で挨拶をする羽生結弦選手(画像出典:SBS NEWS キャプチャー)

また、平昌オリンピックの当時、練習の際に「こんにちは。ありがとうございます。さようなら」とボランティアの方々にも丁寧に韓国語で挨拶したというエピソードも語られている。

韓国語で挨拶をする羽生選手の姿を見たネットユーザーたちは「羽生くんかわいい。この子、持って生まれた才能もあるけど勉強も本当に頑張ってるよね」「韓国語を練習してきたことがとても立派」「ファンが多い理由が分かりますね」などの反応を寄せている。

このように、韓国のファンはもちろんフィギュアの大会には羽生選手を一目見ようと、中国や台湾などアジア各国からファンが会場に駆け付けるほど熱い人気を見せている。



日本を始め、韓国やアジアで羽生選手が愛されている理由には、大会が開催される現地の言葉を学び親近感を感じさせること、震災などにも負けずに常に前を向いてチャレンジする姿勢など、ただ容姿に惹かれるだけでなく、彼の人柄や温かな人間性が国を越えて人々を惹きつけているのかもしれない。


羽生結弦選手のインタビューを紹介するSBSニュース(動画出典:Youtube)