Watcha Japanは、映画好きのための⽉額動画配信サービス『WATCHA(ウォッチャ)』と韓国の制作会社HARDCUTが共同企画したオリジナルショートフィルムプロジェクト『UNFRAMED/アンフレームド』の4作品を、12⽉22 ⽇(⽔)より⼀挙独占配信を開始する。また、併せて⽇本版ポスタービジュアルとティーザー予告編を発表した。

Watcha Japanは、映画好きのための月額動画配信サービス『WATCHA(ウォッチャ)』と、韓国の制作会社HARDCUTが共同企画したオリジナルショートフィルムプロジェクト『UNFRAMED/アンフレームド』の4作品を、12⽉22 ⽇(⽔)より⼀挙独占配信を開始する。また、併せて日本版ポスタービジュアルとティーザー予告編を発表した。

『UNFRAMED/アンフレームド』のポスタービジュアル

『UNFRAMED/アンフレームド』のポスタービジュアルが公開された。

韓国の人気俳優、パク・ジョンミン(『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』『地獄が呼んでいる』)、ソン・ソック(『マザー』『最高の離婚』)、チェ・ヒソ(『金子文子と朴烈』『アジアの天使』)、イ・ジェフン(『BLEAK NIGHT 番⼈』『シグナル』)の4人が初めて脚本と監督に挑み、去る10月に開催された第26回『釜山国際映画祭』で『韓国映画の今日-パノラマ』部門に公式招待されるなど、メディアからも注目を集めた。

ポスタービジュアルは、タイトルである『UNFRAMED/アンフレームド』の文字が各作品の場面写真をつなぎながらも、画面のフレームを越える様にデザインされている。

イ・ジェフン 監督/脚本作品『ブルーハピネス』に出演したチョン・ヘイン

イ・ジェフン 監督/脚本作品『ブルーハピネス』に出演した俳優のチョン・ヘイン。

また、今回公開されたティーザー予告編では、演技から演出へと領域を広げた4人のアーティスト、パク・ジョンミン、ソン・ソック、チェ・ヒソ、イ・ジェフンがWATCHA初のオリジナルショートフィルムプロジェクトに参加したそれぞれの想いを語る他、直接メガホンを取って演出に乗り出したアーティストたちの真摯な顔立ちが目を引く、各作品の撮影現場の様子を垣間見ることができる。

“4人のアーティスト、4つの物語”というコピーによって、それぞれ違った色合いを持ち、俳優というフレームを脱して新しい可能性を探る4人が完成させた、アンフレームドで多彩な作品への期待が更に高まっている。

[WATCHA]12月22日公開 初オリジナル『UNFRAMED/アンフレームド』(動画出典:YouTube WATCHA)

『学級委員⻑選挙』パク・ジョンミン

原題:반장선거 / Vote for ‘I don’t know’
監督/脚本:パク・ジョンミン
出演:キム・ダムホ(『キングダム: アシンの物語』)、カン・ジソク(『刑務所のルールブック)、パク・ヒョウン、パク・スンジュン(『夏時間』)

『再放送』ソン・ソック

原題:재방송 / RERUN
監督/脚本:ソン・ソック
出演:イム・ソンジェ(『サンセット・イン・マイ・ホームタウン』)、ビョン・ジュンヒ、オ・ミネ(『Tiny light』)

『バンディー 蛍の娘』チェ・ヒソ

原題:반디 / Bandi
監督/脚本:チェ・ヒソ
出演:パク・ソイ(『ただ悪から救ってください』)、チェ・ヒソ(『ただ悪から救ってください』)、チョ・ギョンスク(『悪の部屋』)、シン・ヒョンス(『ウラチャチャ!? ~男女6人恋のバトル~』)

『ブルーハピネス』イ・ジェフン

原題:블루 해피니스 / Blue Happiness
監督/脚本:イ・ジェフン
出演:チョン・ヘイン(『D.P. -脱走兵追跡官-』)、イ・ドンフィ(『エクストリーム・ジョブ』)、キム・ダイェ(『純粋の時代』)、タン・ジュンサン(『愛の不時着』)、ピョ・イェジン(『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』)



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース