パク・ソジュン&IUが出演する映画『ドリーム』の台本リーディング現場の映像が公開され、映画ファンの関心を集めている。本作は、国内での撮影分は既に完了しているが、新型コロナウイルスの影響で、海外でのロケを始めることができず、公開が遅れている状態だ。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月24日午後、配給会社のメガボックスプラスエムは、公式ツイッターを通じて「#ムービースーパーマーケットのレベルはこれくらいです、皆さん」という文章とともに、映像を掲載。

残すは海外ロケのみとなった映画『ドリーム』

残すは海外ロケのみとなった映画『ドリーム』に関心高まる!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

公開された映像では、ユン・ホンデ役を演じるパク・ソジュンが「こんにちは。パク・ソジュンです。一生懸命頑張ります」と挨拶をする姿が収められた。これにイ・ソミン役を演じるIU(アイユー、本名:イ・ジウン)が「こんにちは。ソミン役のイ・ジウンです。よろしくお願いします」と挨拶をする姿も登場した。

画面が変わった後、2人が台本リーディングをする姿が公開されたが、パク・ソジュンは「ドキュメンタリーにセリフがあるの?」と尋ね、イ・ジウンは「どんでん返しもあるんです~」と返事をする姿で、作品に対する期待を高めている。

これを観たネチズン(ネットユーザー)は、「(2人が)似合ってたらいいな」「もう公開されたと思ったㅠㅠㅠ」「海外での撮影を無事に終えて、クランクアップできたら良いねㅠㅠ」「既に(相性が)良いけど!?」「楽しみだㅠㅠㅠ」などの反応を見せた。

メガボックスプラスエムは、台本リーディングのフルバージョン映像を、6月4日午後6時に、プラスエムのYouTube(ユーチューブ)で公開すると明らかにした。さらに、イベントに参加すると、AirPods ProとGalaxy Buds Proを景品として贈呈するという。

イ・ビョンホン監督がメガホンを取る映画『ドリーム』は、ユン・ホンデ(パク・ソジュン)が、急ごしらえのサッカー代表チームの監督を担うことになり、チームのドキュメンタリーを制作することに。そして、成功を夢見る放送局プロデューサーのイ・ソミン(イ・ジウン)の話を描いた作品だ。

国内での撮影分は既に完了しているが、新型コロナウイルスの影響で、海外でのロケを始めることができず、公開が遅れている。

メガボックスプラスの公式Instagramを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

パク・ソジュン

韓国の人気俳優パク・ソジュン。本名はパク・ヨンギュ。1988年12月16日生まれ。

2011年、B.A.P出身バン・ヨングクの楽曲『I Remember』のMVでデビュー。
初出演ドラマは『ドリームハイ2』(2012)。

以降、ドラマ『魔女の恋愛』(2014)、『キルミーヒールミー』(2015)、『花郎<ファラン>』などに出演、”主演俳優”としての地位を固めた。

パク・ソジュン プロフィール&記事(100)

人気ニュース

パク・ソジュン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース