アカデミー賞で、4冠を手にした映画『パラサイト 半地下の家族(原題:寄生虫/2019)』のメガホンを取ったポン・ジュノ監督が、次回作の一つにアニメーションがあると言及し、注目を集めた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ポン・ジュノ監督が、次回作のうちの一篇がアニメーションになるというニュースが伝えられ、注目を集めている。

アニメーション監督としてデビューする?

ポン・ジュノ監督がアニメーション監督としてデビューする?(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月13日ある韓国メディアの報道によると、ポン・ジュノ監督は深海魚を紹介する、アニメーションの脚本を完成させ、作業の準備中だという。該当作品は、自身に椎間板があることを知っている無脊椎深海魚と、海洋生物に関するストーリーであると伝えられた。

2019年、映画『パラサイト 半地下の家族(原題:寄生虫/2019)』で第72回カンヌ国際映画祭パルムドール賞、ゴールデングローブ授賞式で外国語映画賞、アカデミー授賞式で作品賞をはじめ監督賞、脚本賞、国際長編映画賞など4つの栄冠を手にしたポン・ジュノ監督。彼は授賞式後から、早くも次回作について言及している。

インタビューでは、ハリウッド作品と韓国語作品を準備していると話し、韓国映画の方はジャンルが曖昧だが、ホラーとして観ることができると言い、ソウルで起こるホラーアクションを提案していると明かした。この作品の脚本は、今年の1月に完成している状態だという。

一方、ハリウッド映画は、2016年にイギリスで実際に発生した事件がモチーフになっている。この2作品のどちらが先に制作されるかは、決まっていないそうだ。

今年の4月、アメリカのダッジ・シティ・コミュニティー・カレッジの学生たちとのインタビューでは「アニメーション監督を夢見ている」と明かし、大学時代に20分ほどのストップモーションを作ったことがあると告白した。

いつかはアニメーションを作ってみたいと言っていた彼が、念願叶ってアニメーション監督としてデビューするのかどうかに、注目が集まっている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs