韓国で公開中の映画『オオカミ狩り(原題)』が話題だ。中でも、主人公を務めるソ・イングクのカリスマ性溢れる強烈な眼差しが、極悪非道なキャラクターを見事に描き出し、熱い視線を浴びている。しかし本人は以前、自分の目にコンプレックスを抱えていたという。

ソ・イングクとチャン・ドンユンの出演映画『オオカミ狩り(原題)』が、9月21日に韓国で封切りされた。

『オオカミ狩り(原題)』は、ソ・イングクとチャン・ドンユンの出演映画。

ソ・イングクとチャン・ドンユンの出演映画『オオカミ狩り(原題)』。(画像出典:naver movie)

9月27日に発表された結果では、ヒョンビン主演の『共助2:インターナショナル』に次いで、韓国国内のボックスオフィス2位の座を獲得、好調な滑り出しを見せている。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs