俳優のソン・ジュンギが独自コンテンツ『キャラクター対戦』で、キャラクター別に似合うアイドル担当のメンバーを選び、話題だ。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優ソン・ジュンギの所属事務所、HISTORY D&Cは6月25日午後、公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルを通して、『キャラクター対戦』というタイトルの映像を公開した。

内容は、テーマに合わせて、これまで自身が演じてきたキャラクターに順位を付けるというもの。

ソン・ジュンギが自身の演じた役で選抜したアイドルグループは『ハイ少年団』

ソン・ジュンギが自身の演じた役で選抜したアイドルグループ名は『ハイ少年団』!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

最もお金持ちのキャラクターは、tvN『ヴィンツェンツォ(2021)』で、1兆500億ウォン(約1,010億円)相当の金を分け持ったヴィンツェンツォだった。ソン・ジュンギは、ヴィンツェンツォの財産を「最低7,000億ウォン(約670億円)だろう」と話し、驚きを示す。

最もけんかが強いキャラクターもヴィンツェンツォで、最も頭の良いキャラクターは、SBS『根の深い木~世宗大王の誓い~(2011)』世宗大王のイ・ドだった。

そして一番人気がありそうなキャラクターとして、映画『私のオオカミ少年(2012)』のチョルスを選び、「犬が嫌いな人を見たことがない」と話す。最下位は「好感が持てない」と『アスダル年代記(2019)』のサヤを選んだ。

スタッフから「演じた役でアイドルデビューさせるとしたら、それぞれどんな担当になるか?」という質問が飛ぶと、ソン・ジュンギは「残忍だ」と言い、慎重に悩んだ末、KBS2『トキメキ☆成均館スキャンダル(2010)』のヨリム(女林)、ク・ヨンハを選択。

理由として「最もたくさんの広告撮影をする。とてつもなく入ってくると思う」と言及した。リーダーは「通り過ぎる度に、ひざまずかなければならない」とイ・ドを選んだ。

末っ子はチョルスを選び「仲の良い友達がいるグループ、SHINee(シャイニー)で言えば、テミンさんのようだ。とてもかわいい」と話し、ク・ヨンハはミンホだと説明した。

バラエティー担当はKBS2『太陽の末裔 Love Under The Sun(2016)』の図々しいユ・シジンを、実際はお金の多い『ヴィンツェンツォ』、メインボーカルは、女性を誘うためにたくさん練習したという、KBS2『優しい男(2012)』カン・マルを選抜した。

メインダンサーは「H.O.Tのチャン・ウヒョク兄さんのような‥」と話し、90年代に止まっていた世代の違いに驚く。結局、ダンス担当は「なし」ということに。

練習生の途中でクビになったメンバーは、映画『スペース・スウィーパーズ(2020)』のテホ、『アスダル年代記』のウンソムに設定し、7人のBTS(防弾少年団)をモチーフにした“ハイ少年団”と名付けた。

このコンテンツは、順位を通して知ることのできる面白いキャラクターの解釈であったため、ファンの熱い反応を呼んだ。

ソン・ジュンギが自身の演じた役にキャラ付け!(動画出典:YouTube historydnc)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

ソン・ジュンギ

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。

2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。

2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

ソン・ジュンギ プロフィール&記事(118)

人気ニュース

ソン・ジュンギ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース