現在、韓国最高齢女優であり大ベテランのキム・ヨンオクが、2021年に出演したドラマ『イカゲーム』と『海街チャチャチャ』の出演後、あることがきっかけで息子に遺言を託したという。その理由とは。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国最高齢女優のキム・ヨンオクが、tvN(Netflix)『海街チャチャチャ』の出演後、息子に遺言を渡したことを明かした。

劇中で自身の祭祀を見て、息子に遺言を託したと明かすキム・ヨンオク

劇中で自身の祭祀を見て、息子に遺言を託したと明かした女優のキム・ヨンオク。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

11月24日に放送された、MBCバラエティー『ラジオスター』では、”全国ケミ自慢特集”が進行され、キム・ヨンオク、チョン・ドンウォン、パク・ソダム、ソラ(MAMAMOO)がゲスト出演し、ソン・へが特別出演した。

(関連記事)’コーヒープリンス’のコン・ユのおばあちゃん、83歳の大女優が歩んできた道

*この記事にはネタバレが含まれています、ご注意ください。

この日、キム・ヨンオクは「今年はもう(ドラマで)2回死んだ」と言い「正直言って、『海街チャチャチャ』でも死ぬとは思わなかった」と言及。

「自分で観てもとても悲しかった。白い*喪輿(もこし)に、たくさんの人が付いて行くのを見たら、自分が死んでも同じようにしてもらえるとは思えなくて。だから、自分はもう(自分で)死んだのを見たんだと思って、息子たちに遺言を託した」と打ち明けた。

*喪輿:棺を載せて担ぐ輿のこと

続けて「私はもうたくさん良いものを見たから、あなたたちは簡素に家族葬にしてちょうだい」と言い、息子に叱られたという。

これを聞いていたMCのキム・グラは「うちの母もいつも“祭祀はしないで”と言う。だから、あり得ない話ではない」と反応し、キム・ヨンオクは「その話もしなければならない。祭祀はやらないで、生きている時に、いろいろしてちょうだいって」と言って温かく締めくくった。

1937年生まれで、今年83歳(日本年齢)のキム・ヨンオクは、2021年に世界一斉公開されたNetflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』と、tvN『海街チャチャチャ』に出演し、視聴者の涙を誘った。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース