• 韓国ドラマ『弱いヒーロー』のシーズン2のの全貌が徐々に明らかになっている。
  • リョウンなど若手人気俳優が多数加わる事となり、シーズン2への期待を高めている。
  • 韓国の動画配信サービスWavveの資金難を理由に続編制作が難航していたのである。
2022年の大ヒット作品Wavve『弱いヒーローClass1』

2022年の大ヒット作品Wavve『弱いヒーローClass1』(画像出典:Wavve)

人気韓国ドラマ『弱いヒーロー』のシーズン2のキャスティングが確定されるなど、その全貌が徐々に明らかになっている。

人気ウェブ漫画を原作とする同ドラマは、大きな暴力に立ち向かう高校生の想像を絶する“サバイバル劇”として、韓国国内外で反響を呼んだ作品。

主人公のシウンを好演したパク・ジフンなど、『弱いヒーローClass1』で活躍した俳優陣が、引き続き出演を決定づけている。

また、リョウンなど若手人気俳優が多数加わる事となり、シーズン2への期待を高めている模様だ。

(関連記事)この俳優が学生服を着ると大ヒット!「第2のパク・ソジュン」の最新作

実は『弱いヒーロー』の続編制作が韓国ドラマファンに歓待される理由はもう1つある。

もともと、韓国の動画配信サービス(OTT)のWavveで配信され、人気を博したが、同社が資金難を理由に続編制作が難航していたのである。

結局、OTT最大手Netflixが制作を引き受ける事となり、資金難による退出危機を免れた形となった。

Netflix公開となった『弱いヒーローClass2』の出演俳優たち

Netflix公開となった『弱いヒーローClass2』の出演俳優たち(画像出典:Netflix)

2022年の大ヒット作品であり、作品性も評価されているだけに、Netflix側にとしては「死なせるわけにはいかない」という判断に至ったと見られる。

もちろん、OTT同士の移籍という異例の事案に、Netflixも当初は明言をさけていたようだ。初めて移籍が報道された12月1日、Netflix側は「検討はしたものの、決定をする状況ではないので、ご了承ください」とコメント。

やがて3日後の12月4日、出演陣の顔ぶれと共に、正式にNetflix公開が決定した。

『弱いヒーロー』の制作会社Shotcake側は「Wavve側が『弱いヒーロー』に持つ愛情がどれほど大きい。しかし、ファンや制作スタッフ、出演俳優のためにも、このまま物語を締めくくれないと思ったので、Netflix側との同行を決めた」と、移籍決定の背景を釈明している。

韓国ドラマ業界の関係者は、OTT同士の“ドラマ移籍”について「これから頻繁に起こりうる」と予想。その理由として、シーズン1がヒットしたら、続編の制作費が膨れ上がる現状を挙げている。

今後、資金力のないOTTでヒット作が出た場合、より巨額の資金を持つOTTへ“献上”せざるを得なくなるようだ。


弱いヒーローClass1

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3296件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs