地上波やケーブルテレビ、さらにNetflix(ネットフリックス)のようなインターネットを介した動画配信まで定着し、多種多様な視聴者のニーズを満たしている今、人気ウェブコミックをドラマ化した作品が次々と登場している。 今回は、中でも話題となっている『驚異的な噂』『女神降臨』『スイートホーム』の3つを紹介しようと思う。

人気ウェブコミックをドラマ化した作品が次々と登場している。 マニア層はもちろん、新規購読者をも満足させ、すでに一つのトレンドに定着しているようだ。

ジャンルもプラットホームも問わない、地上波チャンネルやケーブルテレビ、さらにNetflix(ネットフリックス)のようなインターネットを介した動画配信まで定着し、多種多様な視聴者のニーズを満たしている。アクション、恋愛もの、スリラーなど、ウェブコミックがベースになっているドラマを紹介しよう。

タイトル通り”驚異的”な記録が続いているOCN土日ドラマ『驚異的な噂』は第6話でも7.7%の視聴率を記録し、安定の人気ぶりだ。先立って『ボイス2(2018)』が立てた7.1%の歴代最高視聴率記録を更新したほど。まだ放送が半分以上残っていることを考えると、このままの勢いが続くことが期待される。

ドラマは”カウンター”と呼ばれる悪霊ハンターたちがククス(韓国式うどん)店のスタッフになりすまし、地球の悪霊を退治する痛快なヒーロードラマだ。毎週木曜日に連載される同名のウェブコミックを脚色しており、原作の世界観をそのままに‥というより、若干違いを持たせるなど工夫しており、関心が高い。

特に、毎回ハイテンションなのはもちろんのこと、派手なアクション映画のワンシーンを思わせるエレベーターでの格闘シーンなど、優れた映像美で再現。昨今の息苦しい時代にスカッと痛快さを与えてくれると同時に、家族や友人など温かい感性にも忠実で、完成度が高いと評価されている。

『女神降臨』は、ネイバーの人気ウェブコミックだ。累積閲覧数が40億ビューを超えるほどのマニア層を抱えているだけに、ドラマ制作前から大きな話題を集めていた。特にビジュアル重視と注目される中、ムン・ガヨン、ASTROのチャ・ウヌがキャスティングされ、原作のウェブコミックから飛び出したかのようなシンクロ率を誇っている。

さらに、ムン・ガヨンの変貌ぶりが連日話題だ。”女神降臨メイク イム・ジュギョン”と”すっぴんイム・ジュバル(スホに使った偽名)”を行ったり来たりしながら、ビジュアルギャップを披露したり、コミカルな演技で愛らしい魅力を放ち、敏感な外見コンプレックスを克服する”逆境を乗り越える、強いキャラクター”を見事に演じている。

“顔の天才”チャ・ウヌは、ビジュアルそのものがウェブコミックの主人公と言える美貌の持ち主。ビジュアルから学業成績、バスケットボールの実力まで持った”完璧男”であり”鉄壁男イ・スホ”のイメージを見事に再現、お茶の間にときめきを与えている。そんなクールなイ・スホも、すっぴんイム・ジュバルの前ではおとなしい*モンムンミぶりを発揮し、視聴者たちのハートを溶かしている。

*モンムンミ:韓国語で子犬のように可愛くて、思わずなでたくなる魅力を放つという意味

今月18日に初公開された『スイートホーム-俺と世界の絶望-(邦題)』は、引きこもりの高校生ヒョンスが家族を亡くし、引っ越し先のアパート”グリーン・ホーム”で経験する奇怪で衝撃的な話を描いた作品。しっかりした構成でウェブコミックとしての完成度も高く、KBS2『ドリームハイ(2011)』『太陽の末裔(2016)』、tvN『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜(2016)』、『ミスター・サンシャイン(2018)』などで話題を集めたイ・ウンボク監督がメガホンを握った。

このドラマは、人生を悲観した一人の少年が怪物になってしまった人間たちと戦いながら、世界を救う大きな枠組みから始まる。ソン・ガンは主人公ヒョンスを、イ・ジヌクはミステリアスな元殺人請負業者サンウクを演じ、息を合わせる。イ・シヨンは原作にない新キャラクター、特殊戦司令部出身の消防士ソ・イギョン役を演じている。

演出を手掛けたイ・ウンボク監督は「怪物がたくさん登場するが、テーマは人間」と明かす。劇中には人を攻撃しない怪物も存在しており、これは怪物に見えるからといって、誰もが悪いというわけではないということを伝えるためだとか。監督は「物語を偏見なく見せたいと思っている」と、今後のストーリーを予告した。(写真提供:©スポーツ韓国)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。