K-POPプロジェクトグループWanna One(ワナワン)出身で、幼い頃に子役俳優として活躍していたパク・ジフン(ハングル 박지훈)が、新ドラマ「コッパダン(꽃파당)」で演じるキャラクターについて説明と心境を語り、ドラマに対する期待を呼び起こしている。

Wanna One(ワナワン)での活動終了後にソロ歌手として活躍、今回俳優として新しいスタートを控えているパク・ジフン(ハングル 박지훈)が、JTBC新月火ドラマ「コッパダン:朝鮮婚談工作所(조선혼담공작소 꽃파당)」で自身が演じるキャラクターについて心境を伝えた。

パクジフン ワナワン ドラマ

俳優としてスタートを切るパク・ジフン(画像出典:JTBC official Twitter)

9月16日に初回放送されるJTBC新月火ドラマ「コッパダン」で、イメージコンサルタント コ・ヨンス役として本格的な俳優への歩みを始めたパク・ジフン。

「現場で共演俳優たちと本当に楽しく撮影中です」とし、和気あいあいとした撮影現場の雰囲気を伝えたパク・ジフンは「僕と他のメンバーたちとの演技の呼吸や、多様なキャラクターたちの可能性を見て頂けたら幸いです」と伝えた。

また「初めての作品なので緊張して震えましたが、撮影するたびに本当に幸せな気持ちです」という心境を伝えて、「コッパダン」の末っ子として、パク・ジフンは撮影現場でも出演俳優やスタッフから愛されている。

「コッパダン」への出演理由に対して、パク・ジフンは「歌手として魅せるステージとはまた違った姿を披露出来ると思いました」と明らかにし、「可愛くて明るくふわふわしているヨンスというキャラクターが魅力的です」と、自身が演じるキャラクターに対する愛情を伝えた。

パクジフン コッパダン ドラマ

役に没頭するために日々努力を惜しまないパク・ジフン(画像出典:JTBC official Twitter)

劇中、ヨンスはファッション感覚だけでなく、優れたスタイリングの実力で「神の手」と呼ばれており、依頼人をガラッと変身させる「コッパダン」のイメージコンサルタントだ。

それだけ他のキャラクターよりも華やかな衣装を身にまとうキャラクターを演じるために、パク・ジフンは「注目をたくさん受けて自信溢れるヨンスの性格」に重点を置いていると伝えた。

「ヨンスは漢陽(ハニャン)では右に出る人がいないほど、独特なファッション感覚と人々を気持ち良くさせる素敵な香りを持っている人物」と、個性的で、可愛らしさを一人占めするヨンスの様子を説明したパク・ジフン。

これと共に「ヨンスは服に常に香りを入れる財布をつけているため、ヨンスのように自身もいつも好きな香水を衣装につけてキャラクターに没頭しています」と語り、キャラクターを演じる上での繊細な努力が引き立った。

ドラマの放送に先立ち、出演俳優たちが各自が持っている個性と魅力が日々公式SNSチャンネルで伝えられ、「コッパダン」の初回放送への期待を呼び起こしている。