パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクが織りなす輝かしい青春を描くtvNドラマ『青春記録』。全16話の6話まで放送が終了し、その6話ではいよいよパク・ボゴムとパク・ソダムの関係が進展。2人でピアノを弾いたラストシーンのロケ地がSNSを賑わせ、検索ワードに急上昇した。

tvNドラマ『青春記録』でサ・ヘジュン(パク・ボゴム)とアン・ジョンハ(パク・ソダム)の関係が、いよいよ動き出した。

*この記事にはネタバレが含まれています、ご注意ください。

第5話のラストシーンで、サ・ヘジュンはアン・ジョンハに「君のことが好きみたいだ」と打ち明け、ジョンハは戸惑いながらも嬉しい思いを抑えることができず、めでたく恋愛関係へと発展する。

互いの思いが通じ合った瞬間。

ヘジュンとジョンハ、互いの思いが通じ合った瞬間!(画像出典:tvN DRAMA動画キャプチャー)

仕事も恋愛も順調に見えたヘジュンだったが、6話では決まったと喜んでいたドラマ出演が立ち消えとなってしまった。さらに帰宅すると父と激しい口論になり、挙句頬をたたかれてしまう。失意の中、人知れず車の中で号泣していると、ジョンハからデートのお誘いが。

ピアノのある公園でデートする2人。グランドピアノに座り連弾した後、思わず見つめ合ったヘジュンとジョンハは、切なくも悲しいキスをする――。

(関連記事)パク・ボゴムの新ドラマ「青春記録」で誕生した’朴-朴(パクパク)’カップル

思わず見つめ合った2人はついに‥。

静寂の中、思わず見つめ合った2人はついに‥。(画像出典:tvN DRAMA動画キャプチャー)

6話が初のキスシーンとあってSNSでの話題性は高く、ネチズン(ネットユーザー)たちは「サ・ヘジュンの言葉選びが美しい」「ジョンハの心臓の音が画面から伝わってくる」など、好意的なコメントでネットを賑わせた。

しかしキスシーン以上に、視聴者の関心を集めたのが、デートシーンのロケ地だった。検索画面で”青春記録”の後にスペースを入れると、サジェスト(予測変換)で”6話 ロケ地”と出てきたほど。

雲のようなライティングや、ピアノの鍵盤の階段‥かわいらしいオブジェに、思わず場所はどこにあるのか調べたくなる気持ちが分かる。

電灯や階段がかわいい!

電灯や階段がかわいい公園!(画像出典:tvN DRAMA動画キャプチャー)

このロケ地は、京畿道にある”ハンウル公園”と判明。

仁川の論峴(ノンヒョン)新都市と、ベゴッ新都市の間に造成された公園で、”偉人警備公園”という施設があるという。2人のデートシーンはその中の”ベートーベン偉人警備公園”と、ライト兄弟の”空を飛ぶ夢”というテーマの偉人公園で行われたようだ。

このほかに、発明家ジェームズ・ワットや朝鮮時代の将軍、イ・スンシンの偉人公園など、世界中の歴史的人物の名が付いた警備所が設置されており、すべて散策するとなると、朝からお昼までかかってしまいそうなほど広大な場所と見受けられる。

ベートーベン偉人警備所とライト兄弟の偉人公園

(上)ベートーベン偉人警備所、普段はグランドピアノではなく白いアップライトピアノが設置されている。(下)飛行機の父、ライト兄弟の公演は雲が浮かんでいる。(画像出典:京畿観光公社ホームページ)

最近放送されたドラマの中で、tvN『ザ・キング:永遠の君主』や『サイコだけど大丈夫』など、ソウルから離れて撮影されている作品がいくつか確認できる。これは新型コロナウイルスの影響で、できるだけ人の集まらない土地をあえて選んでいるのだろうかと、思わず推測してしまう。

しかしいずれの場所も新型コロナが収束し、渡韓が叶ったら、ドラマファンは訪れたい新発見観光地となっているようだ。

(‘青春記録’関連動画)『青春記録』6話ハイライトティーザー



パク・ボゴム

2011年映画『ブラインド』でデビュー。

以降、映画『コインロッカーの女』(2015)、ドラマ『君を憶えてる』(2015)などに出演。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015-2016)で天才棋士チェ・テクを演じブレイク。2016年8月より放送されたドラマ『雲が描いた月明り』で地上波初主演を果たし、爆発的人気を得る。

パク・ボゴム プロフィール&記事(63)