• パク・ボゴムの親近感あるエピソードが、韓国のネット上で話題だ。
  • バラエティー番組で主婦のようなセンスをみせ、“あるある”が共感と笑いを呼んでいる。
  • 倹約家として知られている彼には、過去にも似たようなエピソードがあった。
パク・ボゴムは、バラエティー番組での主婦のようなセンスが話題を集めている

バラエティー番組での主婦のようなセンスが話題を集めているパク・ボゴム(画像出典:JTBC『My name isガブリエル』映像キャプチャー)

パク・ボゴムの親近感溢れるエピソードが、熱い視線を浴びている。

それは現在出演中のバラエティー番組での一幕。トップスターの彼が主婦のようなセンスをみせ、“あるある”が共感と笑いを呼んだ。

各メディアはもちろん、オンラインコミュニティーでも取り上げられており、「うちのお母さんと同じ」や、「私もやる」などといった声も。

パク・ボゴムの飾り気がなくキュートな姿が韓国のネット上で話題となっている。

彼が意外な一面をみせたのは、異国の地で名前を変えて別の人の人生を72時間生きるJTBCバラエティー『My name isガブリエル』の第1話でのこと。

アイルランドに住む45歳の合唱団団長ルリさんを生きることになった彼は、順応する間もなく他人の人生にいきなり飛び込みルーティーンリストを追っていくのだが、その過程でみせた姿が印象的だった。

スーパーのオレンジが高いことに気付いて返品したのだ。4個4ユーロで購入した帰り道、街の果物店で10個2ユーロで販売しているのを発見。曇った顔で思わず「あり得ない」と呟いた彼は、少し悩んでからスーパーに引き返すことに。

パク・ボゴムは、スーパーと果物店の価格の違いに驚く

スーパーと果物店の価格の違いに驚くパク・ボゴム(画像出典:JTBC『My name isガブリエル』映像キャプチャー)

返品したい旨を英語で伝えなければならず断られるのではないかと不安に思いながらも、最終的には笑顔で店を出てさっきの果物店に直行。お金を節約し、お得な買い物ができたことに満足した様子をみせた。

番組内のインタビューでは、生き生きとした表情で「すごく気分がよかった」と振り返り、「この話を5回もした」というテロップが挿入されていた。

そして、よほどうれしかったのかその後3日間、ルリさんの家族や友達にこのエピソードを自慢。子どものようなキラキラとした目で語っているシーンも。

これに韓国のネット上では、自分自身の経験を重ねパク・ボゴムに共感、安く購入できたことをうれしそうに話す姿が「かわいい」と反応する人や、「しっかり者」と感心する声まで上がり、トップスターの意外な一面に親しみを覚える人が。

また番組内では返品を決意した理由に、ルリさんのお金である点と、自分で買うと想定しても高すぎる点を挙げ、堅実な金銭感覚を持ち合わせていることを垣間見せた。

パク・ボゴムは、お得な買い物ができたことを喜ぶ

お得な買い物ができたことを喜ぶパク・ボゴム(画像出典:JTBC『My name isガブリエル』映像キャプチャー)

そんな彼は過去にもお金を大切にするエピソードがいくつかあり、倹約家として知られている。

それは彼の主演作『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』(tvN/2015)がヒットし、ますます知名度がアップしていた頃。ファンミーティングを開けば何千単位でファンが会いに来るスターになっていたにもかかわらず、地下鉄で移動していたのだとか。事実、当時彼の目撃談があったほどだ。

しかも今も利用することがあるそうで、今年6月4日に配信されたYouTube(ユーチューブ)チャンネル『サロンドリップ2』にゲスト出演した際には、地下鉄内でファンに遭遇した時の対応について語った。

その他、2016年には『雲が描いた月明り』(KBS2/2016)の特別版で着用していた緑色のチェックシャツが、デビュー前のものと同じであるとして話題に。少なくとも5年は着ていると推測され、熱い視線を浴びたことが。

人気を手にしても堅実さや金銭感覚はそのままの様子のパク・ボゴム。飾り気のなさが多くの人に愛されている理由の1つなのかもしれない。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(966件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs