大ヒットを予感させているtvN新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ』。主演のソン・ジュンギが活躍を見せるなか、ともに主演を務めるオク・テギョンが扮する”存在感の薄すぎる”キャラクターに注目が集まった。インターネット上では、彼が今後、ドラマのキーパーソンになるのではと予想されている。

俳優のソン・ジュンギが主演を務めるtvN新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ』が何かと話題だ。

放送前から2021年の上半期を代表するドラマとの呼び声も高く、それを証明するかのように21日に放送された第2話では10%を超える視聴率をはじき出した。日本でもNetflix(ネットフリックス)で配信をスタートし、放送から間もないにもかかわらず、早くもトップ10にランクインするという好調さを見せている。

tvN新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ』は好スタートを切った

好スタートを切ったtvN新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ』(画像出典:tvN)

本作は、組織内の裏切りでイタリアから韓国へ渡ることになったマフィアの弁護士が、ベテランの悪徳弁護士とともに悪党らしいやり方で正義を実現するストーリーを描いた作品。
ソン・ジュンギは、8歳の時に養子縁組された韓国人で、マフィアの冷徹な戦略家であり、弁護士のヴィンチェンツォ・カサノ役を任された。

ともに主演を演じるのは、ヒロインであり、勝利を掴むためなら手段を選ばない”俗物”弁護士ホン・チャヨン役を女優のチョン・ヨビンが、ホン・チャヨンの後輩でインターン弁護士のチャン・ジュヌ役を俳優のオク・テギョン(2PM)が務め、人気と実力を兼ね備えた俳優陣が顔を揃えている。

(関連記事)ソン・ジュンギ 待望の新ドラマ1話で「塩」をまいてしまった女優

オク・テギョンはドラマ『ヴィンチェンツォ』でイケメン弁護士役に扮した

ドラマ『ヴィンチェンツォ』でイケメン弁護士役に扮したオク・テギョン(画像出典:tvN)

この3人が今後、どのようなストーリー展開をしていくのか期待が高まるなか、ドラマの鍵を握りそうだと噂されているのが、オク・テギョン扮する弁護士チャン・ジュヌだ。

韓国のドラマ公式サイトによると、チャン・ジュヌなる人物は”純粋だが仕事面ではまだ不器用さが残るイケメンインターン弁護士。悪意のない純粋な青年”とある。

彼は先輩であるホン・チャヨンを尊敬しつつもほのかな恋心を抱いているようで、今後、ヴィンチェンツォ・カサノと三角関係を描いていくのではと予想されている。
また、恋のライバルである一方、激しいアクションが飛び出すヴィンチェンツォ・カサノの良きストッパーでもあり、ともに目の前に立ちはだかる”悪党”を一掃する役割も担っていくようだ。

しかし、このようなキャラクター設定でありながらも、あまりにも薄い存在感に視聴者は反応している。

オク・テギョンは俳優として過去、ドラマ『本当に良い時代(2014)』や『君を守りたい~SAVE ME~(2017)』など、多くの作品で主演を務めている。
だが今回演じているキャラクターは、主演クラスの俳優が演じるにしてはかなり淡白であり、特に印象深いエピソードや活躍も見られていない。
現時点ではまだ2回の放送しか終えていないものの、このような描き方ゆえに視聴者たちからは「何か裏がある役ではないのか」「どんでん返しがありそうな予感」と囁かれているようだ。

モットーもやり方もそれぞれの個性を持った風変りな弁護士たちが繰り広げていく痛快なダークヒーロー劇。そのなかでオク・テギョンはどのようなキャラクターとなっていくのか。
果たして『ヴィンチェンツォ』のキーパーソンとなるのか、はたまた、可愛い後輩キャラで終わるのか。彼の実体を掴むまで視聴者は画面に釘付けとなりそうだ。



人気ニュース

2PM 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース