• SBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』の、日本での人気ぶりが韓国で話題となっている。
  • 本国でも放送当時多くの人に楽しまれ、視聴率10%を達成した公約としてイ・ジュンギがダンスを披露した。
  • 過去に“SMの練習生”との噂が広がった彼のダンスの実力と、その理由をご紹介。

SBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』が、日本でも好評を得ています。

SBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』

SBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』(画像出典:SBS)

12月6日にHulu(フールー)で全話一挙独占配信された本作。公開直後から、韓国ドラマ/アジアドラマ部門のランキング、“今日の人気順”、“今週の人気順”、“今月の人気順”で2週に渡って1位をキープ。現在韓国では、この人気ぶりが話題となっています。

そんな本作、本国でも放送当時はドラマファンから多くの支持を得ました。視聴率が3%を超えればまずまずと言われている現在の韓ドラ界において、なんと最高視聴率12%を記録したのです。

10%を超えればダンスをすると公約していた主演のイ・ジュンギは、5月26日に自身のインスタグラムでPSY(サイ)の楽曲That That (prod. & feat. SUGA of BTS)のカバーダンスを披露しました。

イ・ジュンギは、視聴率10%突破の公約でカバーダンスを披露した

視聴率10%突破の公約でカバーダンスを披露したイ・ジュンギ(画像出典:YouTube SBS NOW)

コメントには、「その場でミュージックビデオを見て踊ったので、完成度は期待禁止です」と記載されていましたが、公開された映像にはダンサーに劣らない彼の姿が。

本業が俳優であるのを忘れてしまいそうなほど完璧なダンスで、見る者の視線を奪いました。

イ・ジュンギは、PSY(サイ)の楽曲That That (prod. & feat. SUGA of BTS)のカバーダンスを披露した

PSY(サイ)の楽曲That That (prod. & feat. SUGA of BTS)のカバーダンスを披露したイ・ジュンギ(画像出典:YouTube SBS NOW)

また過去にはイ・ヒョリの楽曲『Anystar』に、イ・ヒョリ本人と元2NE1(トゥエニーワン)のパク・ボムと共に出演し、優れた腕前を誇示したことも。

イ・ジュンギは、『Anystar』のミュージックビデオ以外にも、同曲のイベントでダンスを披露した

『Anystar』のミュージックビデオ以外にも、同曲のイベントでダンスを披露した際のイ・ジュンギ(画像出典:KBS NEWS)

それもそのはず、彼は元々ダンスパフォーマンスのできる歌手を目指していたそうなのです。

事実ダンスサークル出身で、大学在学中はチアリーディングの団長を務め、実力を磨いてきました。

そして無名時代には夢を叶えるため、なんとSMエンターテインメント(以下、SM)のオーディションを受けたのだとか。

ちなみにこれをきっかけに“SMの練習生出身”と一部の間で囁かれたことがありましたが、当時の情報が誤って広がったものだと本人が証言しています。

しかし裏を返せば噂がひとり歩きしたのは、オーディションを受けたという事実に加え、彼のパフォーマンスに一目置いている人が多いという可能性も。

俳優の道を選んだものの、現在もファンコンサートや海外番組のステージで歌とカバー曲を披露。プロ級の実力を誇示している彼だけに、風説が立ったのは自然な流れとも考えられます。

余談ですが彼は、主演を務めた『悪の花(tvN/2020)』の撮影時、「BTS(防弾少年団)の楽曲だけしか聴かない」と、ジョークまじりに語ったのだとか。

『悪の花(tvN/2020)』

『悪の花(tvN/2020)』(画像出典:tvN)

演技に対する姿勢から“血、汗、涙の擬人化”という別名を持つ彼。BTSの『Blood Sweat & Tears』を意識して発言したのではないかと言われています。

しかし冗談にしながらも、『悪の花』の人気を牽引し視聴者から熱い反応を得ました。

役者としてはもちろん、ダンスでも高い実力を誇るイ・ジュンギ。2023年には、彼の得意ジャンルである時代劇でお茶の間に戻ってくる予定です。

これからも彼の活躍からますます目が離せません。


イ・ジュンギ 公約ダンス『That That』

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(884件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs