• 韓流ブーム当初から、数多くのジャンルの中で特に根強い人気を誇る韓国ラブコメディ。
  • グローバル人気に火が付いた近年では、明るくコミカルに描くラブコメは言語の壁に物ともせず、人気ジャンルの一つとして世界からも注目を浴びています。
  • 今回、日本口コミサイトをもとに第1韓流ブームから2023年まで20年の間に放送されたラブコメ代表作5選を調査!

時代劇やロマンス作品など様々なジャンルの中でも、特に根強い人気を誇る韓国ラブコメディ。

単純に男女の恋愛模様を描くのではなく、明るくコミカルに描いてくれるのがラブコメディの魅力の一つと言われています。

2003年に日本で巻き起こった”韓流ブーム”以降、笑いあり胸キュンありのラブコメ作品が数多く制作され、最高視聴率30%以上をマークする大ヒット作が誕生するなど多くの視聴者に支持されてきました。

さらに近年ではグローバル人気に火が付き、言語の壁に左右されない世界共通の恋愛+笑いで物語が進む韓国ラブコメは人気ジャンルの一つとして世界からも注目を浴びています。

ということで、韓国ラブコメファンのために、第1韓流ブームから2023年まで20年の間に放送されたラブコメ代表作を調査。早見表を作成しました。

年度別 日本で好評の韓国ラブコメ (2003年~2023年)
年度 作品名 話数 放送局 出演
2003年
1%の奇跡 26 MBC カン・ドンウォン
キム・ジョンファ
サンドゥ、学校へ行こう! 16 KBS チョン・ジフン(RAIN)
コン・ヒョジン
2004年 フルハウス 16 KBS チョン・ジフン(RAIN)
ソン・ヘギョ
2005年
乾パン先生とこんぺいとう 16 SBS コン・ユ
コン・ヒョジン
私の名前はキム・サムスン 16 MBC キム・ソナ
ヒョンビン
2006年 宮~Love in Palace 24 MBC ユン・ウネ
チュ・ジフン
2007年 コーヒープリンス1号店 17 MBC コン・ユ
ユン・ウネ
2008年 ラスト・スキャンダル 16 MBC チェ・ジンシル
チョン・ジュノ
2009年
花より男子~Boys Over Flowers 25 KBS ク・ヘソン
イ・ミンホ
美男〈イケメン〉ですね 16 SBS チャン・グンソク
パク・シネ
2010年
シークレットガーデン 20 SBS ヒョンビン
ハ・ジウォン
イタズラなKiss〜Playful Kiss 16 MBC キム・ヒョンジュン
チョン・ソミン
2011年 最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~ 16 MBC コン・ヒョジン
チャ・スンウォン
2012年
花ざかりの君たちへ 16 SBS ソルリ
ミンホ(SHINee)
ビッグ~愛は奇跡〈ミラクル〉~ 16 KBS コン・ユ
イ・ミンジョン
2013年 星から来たあなた 21 SBS チョン・ジヒョン
キム・スヒョン
2014年 運命のように君を愛してる 20 MBC チャン・ヒョク
チャン・ナラ
2015年 彼女はキレイだった 16 MBC ファン・ジョンウム
パク・ソジュン
2016年 ショッピング王ルイ 16 MBC ソ・イングク
ナム・ジヒョン
2017年 サム、マイウェイ~恋の一発逆転! 16 KBS パク・ソジュン
キム・ジウォン
2018年
キム秘書はいったい、なぜ? 16 tvN パク・ミニョン
パク・ソジュン
私のIDはカンナム美人 16 JTBC イム・スヒャン
チャウヌ(ASTRO)
2019年 真心が届く
~僕とスターのオフィス・ラブ!?~
16 tvN イ・ドンウク
ユ・インナ
2020年 女神降臨 16 tvN ムン・ガヨン
チャウヌ(ASTRO)
2021年 九尾の狐とキケンな同居 16 tvN チャン・ギヨン
イ・ヘリ(Girl’s Day)
2022年 月水金火木土 16 tvN パク・ミニョン
コ・ギョンピョ
2023年 イルタ・スキャンダル
~恋は特訓コースで~
16 tvN チョン・ドヨン
チョン・ギョンホ


今回、上記作品の中からGoogleユーザ評価85%以上、日本の映画・ドラマ口コミサイト「Filmarks」で高評価を獲得した作品順にベスト5をご紹介します!

『女神降臨』(tvN/2020)

●出演:ムン・ガヨン、チャウヌ、ファン・イニョプ、パク・ユナ 他

●Filmarks評価:★4.2/5.0 レビュー数:1327件

●配信媒体:U-NEXT (2023年9月1日現在)

ムン・ガヨン×チャウヌ主演『女神降臨』(画像出典:tvN)

第1作目は、2020年に韓国tvNで放送された『女神降臨』。

メイクで大変身した地味な女子高生イム・ジュギョン(ムン・ガヨン扮)をめぐり、二人のイケメン男子イ・スホ(チャウヌ扮)とハン・ソジュン(ファン・イニョプ扮)が奪い合う三角関係ラブコメディです。

とにかく笑って胸キュンできる王道ラブコメ要素から、漫画の世界から飛び出してきたような王子様が一人の女性をめぐるという多くの女性が憧れを抱く要素が盛り沢山。

動画出典:YouTube U-NEXT韓流・アジア公式

『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!』(KBS/2017)

●出演:パク・ソジュン、キム・ジウォン、アン・ジェホン、ソン・ハユン 他

●Filmarks評価:★4.1/5.0 レビュー数:1470件

●配信媒体:U-NEXT、FOD、TELASA (2023年9月1日現在)

パク・ソジュン×キム・ジウォン主演『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!』(画像出典:KBS)

次は2017年に韓国KBSで放送された『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!』。

高校時代にテコンドー選手として名を馳せたコ・ドンマン(パク・ソジュン扮)と、幼馴染でデパートの案内係として働くチェ・エラ(キム・ジウォン扮)の二人が「マイウェイ」を進もうと奮闘する成長ラブコメディです。

ドンマンを演じたパク・ソジュンの自然なコミカル演技や、友達以上恋人未満だった幼馴染二人が恋人に発展する恋愛模様に胸キュン間違いなし!

動画出典:YouTube NBCユニバーサル アジア

『九尾の狐とキケンな同居』(tvN/2021)

●出演:チャン・ギヨン、イ・ヘリ(Girl’s Day)、カン・ハンナ、キム・ドワン、ペ・イニョク 他

●Filmarks評価:★4.1/5.0 レビュー数:1126件

●配信媒体:Netflix、U-NEXT、FOD、TELASA、Hulu、Abema (2023年9月1日現在)

チャン・ギヨン×イ・ヘリ(Girl’s Day)主演『九尾の狐とキケンな同居』(画像出典:tvN)

第3作目は、2021年に韓国tvNで放送された『九尾の狐とキケンな同居』。

999歳の九尾狐(クミホ)シン・ウヨ(チャン・ギヨン扮)と、クールな女子大生イ・ダム(イ・ヘリ扮)の二人が訳あって突如同居することになる胸キュンラブコメディです。

人気WEB漫画原作ということでコミカル演出が多い本作。

主人公二人が977歳差という韓ドラ史上最高の年の差カップルの甘く可愛らしい恋愛に思わずほっこりしてしまう視聴者も。

動画出典:YouTube Netflix Japan

『キム秘書はいったい、なぜ?』(tvN/2018)

●出演:パク・ミニョン、パク・ソジュン、イ・テファン 他

●Filmarks評価:★4.1/5.0 レビュー数:4041件

●配信媒体:Netflix、U-NEXT、TELASA (2023年9月1日現在)

パク・ミニョン×パク・ソジュン主演『キム秘書はいったい、なぜ?』(画像出典:tvN)

次は、2018年に韓国tvNで放送された『キム秘書はいったい、なぜ?』。

超がつくほどのナルシストで大企業の副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン扮)と、唯一信頼している秘書のキム・ミソ(パク・ミニョン扮)の甘い恋の駆け引きが始まる最強ラブコメディです。

女性が憧れる大人のロマンスシチュエーション×終始幸せな気持ちになれるコメディ要素に、この作品を超えるラブコメはないという声も寄せられています。

動画出典:YouTube NBCユニバーサル アジア

『星から来たあなた』(SBS/2013)

●出演:チョン・ジヒョン、キム・スヒョン、パク・ヘジン、ユ・インナ、シン・ソンロク、アン・ジェヒョン 他

●Filmarks評価:★4.2/5.0 レビュー数:1289件

●配信媒体:U-NEXT、Amazon Prime、FOD (2023年9月1日現在)

チョン・ジヒョン×キム・スヒョン主演『星から来たあなた』(画像出典:SBS)

最後は、2013年に韓国SBSで放送された『星から来たあなた』。

400年以上、素性を隠しながらソウルで生活を送る宇宙人のト・ミンジュン(キム・スヒョン扮)と、わがままだけど憎めないトップ女優のチョン・ソンイが恋に落ちる大ヒットファンタジーラブコメディです。

最高視聴率28.1%を記録した本作は、アジア全土で大ヒットした特に中華圏で爆発的な人気を獲得。

ツンデレ宇宙人という韓国ドラマでは新しいキャラクターの誕生や、コメディ要素満載でありながら甘く切ない主人公二人の恋模様を描き、多くの視聴者を虜にしました。

動画出典:YouTube NBCユニバーサル アジア

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3219件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs