• 来年放送予定の新作ドラマ『星たちに聞いてみて(tvN)』に、熱い視線が寄せられている。
  • そんな中、一部ドラマファンの間では“第2の『愛の不時着』になるのでは?”とひそかにささやかれている。
  • そこで本記事では、その理由に挙げられている両作の共通点を紹介する。

今年も残すところあと約1カ月となり、韓国では来年放送予定のドラマに関する情報が公開されはじめています。

そんな中、注目されている作品の1つが、イ・ミンホとコン・ヒョジン主演の『星たちに聞いてみて(tvN)』。

イ・ミンホとコン・ヒョジンは、『星たちに聞いてみて(tvN)』で主演を務める

『星たちに聞いてみて(tvN)』で主演を務めるイ・ミンホとコン・ヒョジン(写真提供:ⓒ スポーツ韓国、画像出典:イ・ミンホ Instagram)

[expander_maker id=”1″]

一部ドラマファンの間では、“第2の『愛の不時着(tvN/2019)』になるのでは?”とひそかにささやかれ、大ヒットが期待されています。

なぜなら、両作には共通点がいくつか存在するから。ではその気になるポイントを見ていきます。

共通点1:ドラマのタイトル

両作は、韓国で昔流行した曲名と同じタイトルが作品名に使用されています。

まず『愛の不時着』は、“韓国のマイケル・ジャクソン”と呼ばれるパク・ナムジョンが1988年にリリース、大旋風を起こした楽曲名と同じです。事実、ドラマのタイトルを聞いて彼を思い出した人も多かったのだとか。

パク・ナムジョン

パク・ナムジョン(画像出典:NJエンターテインメント)

次に『星たちに聞いてみて』ですが、本作は女性シンガーへ・ウニの1977年の大ヒット曲と同じ題名です。

意図して、曲名をそのままドラマのタイトルに起用したのか、はたまた偶然の一致なのかは不明ですが、意外な共通点ではないでしょうか。

共通点2:テレビ局

『星たちに聞いてみて』は、『愛の不時着』と同じテレビ局tvNで放送されます。

『愛の不時着』はドラマ

ドラマ『愛の不時着』(写真提供:©スポーツ韓国)

このため、大ヒット作を輩出したテレビ局が制作したドラマであれば、『星たちに聞いてみて』も成功するのではないかという期待が寄せられているわけです。

また、取り扱う題材は異なっても、同一局であることから作品の傾向が似る可能性があり、視聴者の獲得に繋がるかもしれません。

共通点3:ストーリーの設定「未知の空間」

両作は大多数の人にとって、ほぼ「未知の空間」といえる場所で繰り広げられるロマンティックコメディー。

『愛の不時着』が、内情のあまり知られていない北朝鮮が舞台だったのに対し、『星たちに聞いてみて』は馴染みのない宇宙空間が背景になっているのです。

『星たちに聞いてみて』は、宇宙空間が舞台

宇宙空間が舞台となった『星たちに聞いてみて』(画像出典:KEYEAST)

何が起こるのか分からない状況下でのラブストーリーが、見る者を楽しませた『愛の不時着』。この前例がドラマファンに、『星たちに聞いてみて』のヒットを期待させているようです。

共通点4:ヒロインのキャラクター

両作共に、ヒロインが精神面において強いという点が共通しています。

『愛の不時着』では、ソン・イェジンが高い自尊心を持ち、逆境に置かれても明るく前向きに立ち向かっていくユン・セリとして登場していました。

一方『星たちに聞いてみて』は、コン・ヒョジンが完璧主義者で最高の宇宙飛行士役を演じることが分かっています。

最近公開されたスチールカットでも、彼女のキリッとした強い眼差しが目を引いたばかりです。

コン・ヒョジンは強い眼差しが目を引いた

強い眼差しが目を引いたコン・ヒョジン(画像出典:KEYEAST)

トップスター2人が主演を務めることだけで、ヒットを予感させる『星たちに聞いてみて』ですが、それに『愛の不時着』との共通点まで存在する本作。

また『星たちに聞いてみて』の制作には、『愛の不時着』を手掛けたドラゴンスタジオも参加(企画)しているそうです。

果たして、“第2の『愛の不時着』”となるのでしょうか。来年の放送開始が待ち遠しいですね。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(487件)





[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs