• 韓国の伝統舞踊の一つである탈춤(タルチュム/仮面踊り)が、世界の文化遺産に登録された。
  • 過去には、BTS(防弾少年団)がタルチュムを取り入れたパフォーマンスを披露。
  • 韓国伝統文化の美しさを世界に魅せつけた彼らのパフォーマンスは、当時大きな話題となった。

韓国の伝統公演文化を代表する탈춤(タルチュム/仮面踊り)が、世界の文化遺産として登録されることがわかった。

過去に、韓国の伝統舞踊タルチュムを取り入れたパフォーマンスを披露したBTS

過去に、韓国の伝統舞踊タルチュムを取り入れたパフォーマンスを披露したBTS (画像出典:BTS 公式Twitter)

タルチュムは、過去にBTS(防弾少年団)がステージパフォーマンスに取り入れ、大きな話題を集めたことがある。

[expander_maker id=”1″]

文化財庁は「ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が、同月28日からモロッコで開催している無形文化遺産委員会で、“韓国のタルチュム(Talchum, mask dance drama in the Republic of Korea)”を、ユネスコ人類無形文化遺産代表リストに登録することを最終決定した」と明らかにした。

韓国は、タルチュムの登録で、2001年に国内で初めて人類無形文化遺産リストに載った“宗廟祭礼楽”や、2018年の南北韓が共同登録した“シルム(相撲)”、2020年の“燃灯会”などとともに、計22件の無形文化遺産を保有することになった。

文化財庁の報道資料によると、ユネスコ無形文化遺産委員会は“韓国のタルチュム”登録と関連して、「タルチュムが強調する普遍的平等の価値と社会身分制に対する批判が今日も依然として意味のあるテーマであり、各地域の文化的アイデンティティーに象徴的な役割を果たしているという点などを高く評価した。特に、案件として上がってきた46件の登録申請書の中でも、“韓国のタルチュム”登録申請書が、無形文化遺産の社会的機能と文化的意味を明確に記述した模範事例だと賛辞を送った」と伝えている。

タルチュムは、踊り、歌、演劇を網羅する総合芸術的な演劇で、人や幽霊、動物の仮面をかぶった躍り手たちが観客と歓呼と揶揄を交わしながら、世相を風刺し批判するユーモアとひょうきんな舞台を繰り広げるのが特徴だ。

また、世相を皮肉りながらも、互いに排斥せず一つになることを目指す相互尊重の共同体文化遺産とも言える。また、空き地があれば演技可能のため、演者と観客が一つの空間でコミュニケーションを図れることも魅力だ。

ダンサーと共にタルチュムを披露したジョングク

ダンサーと共にタルチュムを披露したジョングク (画像出典:YouTube BANGTANTV 動画キャプチャー)

このタルチュムは、BTSが過去にパフォーマンスの中に取り入れて話題になったことがある。

それは『2018 Melon Music Awards』で披露された『IDOL』のステージ。このステージは、多くのファンに衝撃を与え、今でも歴代最高のステージの一つとして語り継がれている。

メンバー自身も度々話題に上げるため、それほど反響が大きかったステージだったことが窺える。

『IDOL』のパフォーマンスには、三鼓舞や扇の舞も取り入れられている (画像出典:YouTube BANGTANTV 動画キャプチャー)

韓服衣装に身を包んだメンバーは、多くのダンサーとともにタルチュムの他にも、韓国伝統舞踊の三鼓舞や扇の舞、獅子舞などを取り入れた圧巻のパフォーマンスを披露。韓国の伝統文化の美しさを広く世界にアピールし、世界中のファンを魅了した。

イントロの演舞で、扇子を使い、妖艶で美しい舞を披露したジミンは、後に平安南道(ピョンアンナムド)の無形文化財第3号である”キム・ベクボン扇の舞保存会”から感謝杯を受けている。

世界に大きな影響を与えるBTSのパフォーマンスは、今回の“韓国のタルチュム”の文化遺産登録に一役買ったと見られる。

BTSの圧巻ステージ『IDOL』@2018 MMA(動画出典:YouTube BANGTANTV公式チャンネル)

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(501件)




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs