ENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が8月18日、有終の美を飾った。視聴率に話題にと独走状態だった、同時間帯ドラマの終映後、次にその席に座ると思われるドラマに耳目が集まっている。強敵が去り、人気俳優2人が挽回するチャンスを手にした状況だ。

ENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(以下、ウ・ヨンウ)』が、惜しまれつつ最終回を迎えた。

ENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は、8月18日に最終回を迎えた。

8月18日に最終回を迎えたENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(画像出典:ENA)

初回放送は0.9%という視聴率で低空飛行からのスタートとなった本作は、2話以降ほぼ右上がりに上昇し、最終話では最高視聴率17.5%を記録、同時間帯ドラマで1位の座についた。

また、本国をはじめ世界中から高い支持を得て、放送期間中は多くのメディアが『ウ・ヨンウ』を取り上げるなど、人気と話題性をほぼ独占。本作と同時間帯、同じ曜日のドラマはこの強敵の陰に隠れてしまった。

しかし本作が放送を終了したことで、これから他の作品に目がいくのではないかと言われている。

それが、tvN『アダマス 失われたダイヤ(邦題/以下、アダマス)』とKBS 2『あなたが願いを言えば』だ。

手練れ俳優、チソンの力量で巻き返しを図る

『アダマス』は、継父を殺したという実父の濡れ衣を晴らすため、2人の兄弟がそれぞれ真犯人と殺害証拠である“アダマス”を探す、双子の真実追跡記を描く。

『アダマス 失われたダイヤ』は、tvNのドラマ。

tvNドラマ『アダマス 失われたダイヤ』(画像出典:tvN)

本作は、役者として名実共に高い評価を得ている俳優のチソンが1人2役を演じ、安定した演技を披露している点や、ストーリーのどんでん返しがポイントとなっている。

しかし、全16話構成で現在第8話まで公開される中、視聴率が2~3%台を行ったり来たりしており、いまいち伸び悩んでいる。

まさかの展開が盛り込まれた作品であるほど、登場人物の背景やこれまでのストーリーの流れ、世界観への没入度などが重要な要素となる。そのため、ここから新たな視聴者の獲得や風向きを変えるのは、容易ではないだろう。

しかし、そこは手練れ俳優のチソンである。近年の出演作tvN『悪魔判事(2021)』で8.0%、SBS『医師ヨハン(2019)』で12.3%という最高視聴率を出しているだけに、この先はまだまだ上昇の可能性はあると見てもよさそうだ。

世代を超えて“愛”を再確認するヒーリングドラマは大化け要素あり

一方、『あなたが願いを言えば』は、人生の崖っぷちに追い込まれた青年が、ホスピス病院で人々の最後の願いを聞くヒーリングドラマ。

『あなたが願いを言えば』は、KBS 2TVのドラマ。

KBS 2TVドラマ『あなたが願いを言えば』(画像出典:KBS2)

人々の頼みに耳を傾ける主人公を、チ・チャンウクが演じている。制作発表の段階から、彼がどのような演技を披露するのか注目を集めていた。

しかし、初回を3.6%という視聴率でスタートした後は下降の一途をたどり、最新話の第4話では1.9%にまで落ち込んでしまう。

とはいえ、ドラマはまだ始まったばかり。ここから大逆転を見せる可能性はあると言われている。『ウ・ヨンウ』を見終えた視聴者が、こちらに流れ込むこともあり得そうだ。

また、彼もチソン同様スター俳優の一人であり、数々の人気ドラマに携わってきたのは言うまでもない。

SBS『コンビニのセッピョル(2020)』では9.5%、SBS『怪しいパートナー(2017)』では10.5%という最高視聴率を記録し、その実力は実証済みだ。

『ウ・ヨンウ』が大きな注目を浴びたことにより、存在感がやや薄くなってしまった『アダマス』と『あなたが願いを言えば』。

強敵が去った後、次にお茶の間で支持され、水木ドラマのトップを獲得する作品はどちらになるだろうか。

(構成:西谷瀬里)







チ・チャンウク

グロリアル・エンターテインメント所属の俳優チ・チャンウク。1987年7月5日生まれ。

2008年、映画『スリーピングビューティー』で本格デビューを果たす。
その後2009年ドラマ『ソル薬局の息子たち』に末っ子として出演し注目を集めた。

2014年に出演したドラマ『ヒーラー~最高の恋人~』では主演を務め、視聴率はあまり振るわなかったが、この作品により韓国のみならず海外でも絶大な人気を得ることになる。

映画初主演作は2017年に公開された『操作された都市』。

チ・チャンウク 最新記事はこちら(44)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs